CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Midnight In Tokyo Vol. 2 (Studio Mule:Studio Mule 6 CD) | main | Chris Coco - Indigo (Music Conception:MUCOCD031) >>
ラーメン ゼンゼン
ラーメン ゼンゼン1

ラーメン二郎という源流を軸に枝分かれしたそれぞれの店が更なる個性を獲得しているインスパイア系、その中には本家二郎よりも更にインパクトを持つ店も少なくはないが、その一つに挙げられるのが蓮爾だろう。その最大の特徴は本家を上回る極太麺で、その暴力的な麺に魅了されたジロリアンも少なくはない。とは言いながらも当方はまだ未訪問ながらも、今回その蓮爾の店長をしていた方が独立し、武蔵新城にゼンゼンなる店を開店させたとの情報を聞き付け訪問してきた。今回は豚の評判が良かったので、ラーメン(700円)豚増し(150円)にトッピングはニンニクヤサイアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
やる夫2

ラーメン ゼンゼン2

どぉんっっっっっっっ!!!!

やる夫3

また見た目は一般的なラーメン二郎とそれ程変わらず、少々キャベツも混ざったもやし中心の野菜に固形脂も程々にかけられて、その麓には刻みニンニクが香ばしい芳香を放出しながら鎮座している。豚は野菜に隠れているものの塊が4〜5個は入っているだろうか。チャーシューではなく塊と表現するのが適している肉塊、これは確かに美味そうだ。

ラーメン ゼンゼン3

先ずは微乳化したスープを飲んでみると、二郎インスパイアにしてはドカンとジャンキーで強烈なものではなく、しっかりと豚骨の出汁が抽出されて濃厚ながらも味醂の甘さや醤油のコクもあって、ただ脂でくどいスープとは異なる(それはそれで二郎らしいが)。野菜はクタクタに煮込まれていて、刻みニンニクとスープもわしゃわしゃと混ぜて食べれば、ニンニクの刺激的な辛味や香りがスープの旨味と一体となり食欲を刺激して箸が進む。そして期待の豚は恐らく腕肉の部分だろうが、これがよく煮込まれたおかげでホロホロと崩れるような柔らかさ、そして軽く脂身も混ざっていて絶妙な食感だ。久しぶりの神豚級の豚だから、ここは豚増しが必須だろう。

ラーメン ゼンゼン4

野菜を減らしたところで、恒例の天地返し。するとまるで吉田うどんかと言わんばかりの極太な平打ち麺が現れたではないか。元々二郎系自体が麺は太めなものの、これはその中でもトップクラスの極太麺、これが蓮爾の個性。早速食べてみるとポキポキというよりはムチムチだろうか、しかしなかなかに顎が疲れるコシがあり、啜るのではなくモグモグと咀嚼しないと進まない。その太さ故だろうか小麦感も適度にあり濃厚スープと相まって、パワフルな味が口の中に満たされる。インターネット情報では蓮爾のボキボキよりも柔らかいというコメントが多いが、蓮爾未体験の当方にとってはこの噛み応えでも十分には感じる。麺と格闘するように咀嚼しながらその美味さに全く箸も止まらず、350グラムはあるという麺ながらもあっという間に完食してしまった。野菜の量は大した事はないものの、強烈な極太麺とホロホロ豚の美味さはトップクラスで、インスパイア系の上位にいきなり食い込んできた。

HP:ラーメン ゼンゼン
住所:神奈川県川崎市高津区新作5-13-2
電話番号:非公開
営業時間:月〜金 12:00-14:00 17:30-22:00 土 11:00-15:00
休業日:日曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4577
トラックバック