CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2019/5/10 Theo Parrish Japan Tour 2019 @ Contact | main | Luciano - Sequentia Vol.2 (Cadenza:CADENZA 119) >>
Kode9 & Burial - Fabriclive 100 (Fabric:fabric200)
Kode9 & Burial - Fabriclive 100
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ロンドンのクラブ兼レコードレーベルであるFabricが2001年から長きに渡り送り出してきた4つ打ち中心のFabric、そしてブレイク・ビーツ等を中心にしたFabricliveというMIXCDシリーズも、それぞれ丁度100作目をもって完結した。20年近くにも及ぶこれらの作品はクラブ・ミュージックのこの20年の歴史を体験出来ると言っても過言ではないが、その最後の作品もリリース前から話題沸騰。というのもベース・ミュージックやダブ・ステップのパイオニアでもあるKode9、そしてそのミステリアスな存在もあって特別な存在感を放つBurialがDJを担当しているのだから、普段この方面に馴染みの無い人達にとっても興味を惹かれるのは極自然な事だ。特にBurialにとっては販売されるMIXCDとしては初の作品であり、また普段DJを披露する事も無いわけだから、その意味でも非常に特別な作品である。そしてその音楽はある意味では愉快痛快、また一方では支離滅裂で、ダブ・ステップからドラムン・ベースにグライムやジューク、テクノからアシッドにハードコアからエレクトロなどを用い、ジャンルの壁を壊しながら縦横無尽に暴れまくる展開はFabricliveというシリーズを総括しているようでもある。正直二人がどの選曲を担当しどのようにミックスしたのかという事は伝わってこないが、持続性を無視した変幻自在で激しいビートの変遷がただただ衝動的に体を突き動かし、しかし陰鬱でダークな世界観の中にはひっそりとメランコリーが紛れ込んでいる。ちらほらと微細なノイズも聞こえるのはいかにもBurialらしい演出で現実が霞んで消え行くような感覚も覚えるが、獰猛に切り込んでくるレイヴ全開な激しいビートに目を覚ませられ、猥雑とした音楽観を目の前にすれば踊らずにはいられないだろう。特に中盤のレイヴを象徴するハードコア・ジャングル・クラシックの"Drug Me"からどぎついアシッド・トランスの"Black Acid"へと繋がる快楽的なハイエナジーの瞬間は、このMIXCDの中でも最も印象に残る場面だ。半ば理性的な展開も無視した圧倒的な勢いの最後には、何も残らない焼け野原が広がっているようでもあるが、それはFabricシリーズの終焉を迎えた事を示唆する如くでもある。個人的な思いではこのMIXCDを聞いた上で彼らがDJとして来日したとしても恐らく聞きに行く事はない。というのもやはり展開が唐突過ぎてテクノやハウスの永続的に続くグルーヴを感じられないからではあるが、しかしまあ長く続いたMIXCDシリーズの最後に花火を打ち上げる的な派手な作品としては面白いと思う。



Check Kode9 & Burial

Tracklistは続きで。
01. Unknown Artist - Untitled
02. Klein - Hurry
03. Cooly G - Magnetic
04. Julz Da Deejay - Deaths Effect
05. Roman Rodney - Triple Beat
06. TLC Fam - Skim Sam (Dbn Dance)
07. Nazar - Konvoy
08. Lechuga Zafiro - Agua Y Puerta
09. Hyph11e - Black Pepper (Tzusing Remix)
10. Luke Slater - I Can Complete You
11. Virgin - B9
12. Nut-E-1 - Underwater Fireworks
13. David Hykes - Rainbow Voice
14. Jungle Buddha - Drug Me
15. Black Acid - Black Acid
16. Vladislav Delay - Otan Osaa
17. DJ Spinn - Make Me Hot
18. Mr Fingers - Spy (Kode9 Remix)
19. Scratcha DVA feat. Clara Le San - Pink 33 (DJ Phil Remix)
20. DJ Tre - A House Hybrid
21. TEDDMAN - Baby
22. DJ Rashad - Let It Go
23. ONTHEGROUND - Fallen
24. Intense - The Quickening
25. Genecom - Polyphonic Raid
26. Clementine - The Opening
27. Victim Rebirth - Metamesonyxtia Narkogyra
28. Friends Lovers & Family - The Lift
29. AK1200 feat. Junior Reid - Junior's Tune (Digital Remix)
30. Okzharp & Manthe Ribane - Treasure Erasure
31. Ben Frost - Ionia (Jlin Remix)
32. DJ Taye - Nu Summer Shit / Babyfather - Prolific Deamons
33. Jacob's Optical Stairway - Solar Feelings (Claude Young's Kyoto Soul Dub)
34. Proc Fiskal - Dishwashing
35. DJ Chap - Brujeria
36. DJ Tre - A Hammond Jam
37. RP Boo - Wicked'Bu
| ETC4 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4616
トラックバック