CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jan Jelinek - Loop-finding-jazz-records (~scape:~scape007cd) | main | Villalobos - Alcachofa (Playhouse:PLAYCD008) >>
Slam - Nightdrive (Resist Music:RESISTCD54)
Slam-Nightdrive
Amazonで詳しく見る

近年のテクノの流れの一つにクリック、エレクトロニカ化の傾向があると思います。ハードミニマルテクノのDJもクリックハウスを導入した作品を作ったり、MIXCDでも激しいだけではなくクリックハウスを混ぜた緩いプレイをしたり、とにかくジャンルの垣根が徐々に低くなっているのではないかと思います。…ってそんなん余り僕は好きではありません。ハードミニマルテクノのアーティストがわざわざ他の事やらんでもえーやろと!(そうゆう意味じゃSpeedy JとChris Liebingの共作は、終始ハードに徹していて男気を感じましたが)。

それでグラスゴーのテクノ番長、SLAMの登場ですよ!…と久々のMIXCDを期待してたら、こいつらも路線変更しやがってるぜ。あぁ、おいら寂しいよ、SLAMにはハードでソリッドなプレイを期待してるのに、何でSLAMもクリックハウスやらエレクトロハウスやら回して、そんな流行に乗ってしまうかな?もちろんプレイとしては決して悪くはないし新鮮味もあるんだけど、これをSLAMがやる事に余り意味は感じないかなと。全体的にダークで冷えた曲群の中にも妙に艶のあるポップなメロディーが絡むHiroki Esashikaの曲や、プログレ・テクノシーンでも人気を博しているNathan Fakeの曲など、そこかしこに妖艶で美しい曲を差し込んできて上手い流れはあると思います。ただ個人的にはSLAMにはハードであって欲しい、ストレートな4つ打ちを聴きたい、その思いが強いです。てな訳でこのMIXCDよりも、以前に紹介した「Slam - Fabric 09」の方がお勧め出来ます。

試聴

Check "Slam"

Tracklistは続きで。
CD1
1 Carl Craig / Darkness
2 Luciano / Octagonal
3 Slam / Genex
4 Alex Smoke / Don't See The Point
5 Dominik Eulberg / Rotbauchunken (Robag Wruhme's Bombina Bumm Remix)
6 Nathan Fake / Dinamo (Dominik Eulberg Dinamo Remix)
7 Slam Feat. Tyrone Palmer / This World Acapella
8 Luci / Mullet Is In Da House
9 Robert Drewek Vs. Tomie Nevada / Done In Two Days
10 Marc Houle / Demor
11 Slam / Kill The Pain (Marc Houle Vocal Mix)
12 Slam / Kill The Pain Acapella
13 Guido Schneider And Andre Galuzzi / Survivor
14 Dub Kult / On And On
15 Perc / Splashy
16 Marc O Tool / Gear 1
17 Mathias Schaffhauser / Coincidance (Trentemoller Remix)
18 John Spring / Strange (John Springs 2005 Version)
19 Lee Van Dowski & Tsack / Asem
20 Black Strobe / Nazi Trance Fuck Off! (Remixed By James Holden)

CD2
1 Mathew Jonson / Gemini
2 Model 500 / Electronic
3 ADJD / Audio Mechanic
4 John Dahlback & Staffan Linzatti / Outside
5 Slam / Human (Vector Lovers Remix)
6 Hacker & Millimetric & David Carretta / Moskow Reisen - Original Version
7 Misc. / Balet
8 Roman Flugel / Geht's Noch? (Steve Angello v Who's Who Mix)
9 SaD MaFioSo / Ce Que Tu Cherches
10 Hiroki Esashika / Kazane
11 Vector Lovers / Suicide Android
12 Matt Tolfrey & Craig Sylvester / The Horn
13 Funk D'Void & Phil Kieran / Black Worm
14 Adam Beyer & Henrik B / The Conversation A
15 Basteroid / Rabimmel
| TECHNO3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/463
トラックバック