<< Trux - Orbiter (Avenue 66:AVE66-04) | main | Tominori Hosoya - Halfway (TH Pressing:THPVLP01) >>
Danilo & Pablo - 10 Years MCDE Recordings Limited Vinyl (MCDE:MCDE 1218)
Danilo & Pablo - 10 Years MCDE Recordings Limited Vinyl

人気アーティストかつレーベルであるにもかかわらず一切の配信を行う事なく、ヴァイナルという形態への偏執的な愛を貫き通すようにヴァイナルでのリリースにこだわる事で、リリース直後から瞬く間に市場から姿を消した本作。それこそレーベルとしてのMCDEから、Motor City Drum EnsembleことDanilo Plessowとレーベル主宰のPablo Valentinoによるレーベル10周年を記念した作品で、正にMCDEというレーベル性を如実に表した音楽だ。Plessowの活動の為に設立されたと呼んでも過言ではないMCDEは正にMotor City Drum Ensembleの音楽性そのもので、デトロイトのビートダウン・ハウスやディープ・ハウスを彼なりに咀嚼し、そしてファンクやジャズにソウル等からのサンプリングを用いてモダンなブラック・ミュージックへと昇華させて、ある意味ではクラシック性も兼ね備えたダンス・ミュージックだ。勿論知名度で言えば劣るとは言え、Valentinoが生み出す音楽もMotor City Drum Ensembleの共鳴する事は言うまでもなく、この二人が組んだ作品ならば問答無用で手にすべきであろう。本作もたった2曲のみではあるがどちらも彼ららしいブラック・ミュージックを基にした曲で、"Don't U Ever Change"ではAhmad Larnesによるブルージーで味わいのある歌をフィーチャーしつつ、ハンドクラップやもっさりしたドラムによるざっくり粘性の高いビートダウン調のグルーヴを刻み、そこにマイナーコード調のエレピと優雅に舞うストリングスを配して、彼らしいスモーキーかつソウルフルな黒きディープ・ハウスを聞かせる。"Loops For Eternity"はもう少々アッパーで勢いのあるジャジー・グルーヴが走っており、エレピやシンセの控えめにジャージャス感ある響きやファンキーなボイス・サンプルを絡めて、エレガンスを纏いながらもしっかりと地を固めて力強いうねりに巻き込んでいく。両曲とも新基軸や目新しさは皆無だが、それもレーベル10周年の作品のためにいかにレーベル性を示すかという理念もあるだろう事を考えると、これ以外にしっくり適切なディープ・ハウスは無いだろう。普段通りのファンキーかつエモーショナルなディープ・ハウス、だからこそ素晴らしい。



Check Motor City Drum Ensemble & Pablo Valentino
| HOUSE14 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4631
トラックバック