CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< The Astral Walkers - Don't Fear The Sound (Needs Music:NE 020) | main | Nightmares On Wax - Back To Mine (Back To Mine:BTMCD001) >>
D.K. - Mystic Warrior EP (Antinote:ATN046)
D.K. - Mystic Warrior EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

Antinoteの主軸アーティストの一人、フランスはパリのDang-Khoa ChauことD.K.は同レーベルからニュー・エイジ/アンビエント/バレアリックという要素が一つになった作品をリリースしており、また近年はMelody As TruthからはSuzanne Kraftとの共作やMusic From Memory傘下のSecond Circleからも作品をリリースしていたりと、その流れを見れば基本的にはリスニング志向の強い音楽性である事は明白だ。(しかし45 ACP名義やSlack DJs名ではロウ・テクノやインダストリアルも披露しているが)。だからこそこのAntinoteからの新作がダンスへと向かった事にやや驚きは隠せないが、とは言っても単純にテクノやハウスという言葉で一括りにするのは難しいその音楽は、敢えて言うのであればニューエイジ・ハウスが適切だろうか。タイトル曲"Mystic Warrior"はロウでどたどたとした4つ打ちのリズムに金属的なパーカッションやジャングルを思わせるサンプリングを被せて、中盤以降になると鐘の幻惑的なフレーズやミステリアスなシンセによって更に異境の地を進んでいく訝しいハウスで、タイトル通りにミスティックな作風だ。"Elements"も同様に簡素でロウなドラムマシンの4つ打ちビートに不思議な打撃音のSEを合わせて随分とささくれだった響きだが、しかし尺八のような和テイストがある笛やエモーショナルなシンセのメロディーに引っ張られる中盤以降になると、途端にぐっと熱い感情性を増した瞑想感覚のあるハウスに成る。裏面の2曲はより奇抜な音楽性が発揮されており、詰まりのある変則的なリズムに深い森の中で鳴っているようなパーカッションが乱れ打ち、エキゾチックな笛や訝しいシンセが原始的な胎動を生み出す"Worries In The Dance"、奇妙なウォータードラムやベルに土着的なパーカッションが霊的な世界へと誘う何かの儀式のような"Earth People"と、D.K.のニュー・エイジ性が色濃く反映された作品と言えよう。フロアを意識しながらも単純なダンスでもない異形な世界観、これは非常に面白い変化だ。



Check D.K.
| HOUSE14 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4637
トラックバック