CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Parviz - Zerzura (Omena:OM025) | main | Bonobo - Fabric Presents Bonobo (Fabric:fabric201) >>
Muro - Elegant Funk ~Japanese Edition~ (Victor Entertainment:VICL-65091)
Muro - Elegant Funk ~Japanese Edition~
Amazonで詳しく見る(日本盤)

おおよそ10年程前の日本のポップスや演歌をネタにしたエディット・ブーム、そして近年のジャパニーズ・アンビエント/ニューエイジの再発見と、何故か日本の中からではなく外の世界から再発見/再評価される日本の音楽。その理由が何であれ兎にも角にも日本人自らが気付かなかった日本の素晴らしい音楽に光が当てられるのは喜ばしい事であるが、その流れに日本のディガーとして世界的にも評価を獲得しているMuroが参戦している。数年前から既に「Elegant Funk」をコンセプトにしたミックスを手掛けていたのだが、これはライナノーツによればDaytonの"The Sound Of Music"に代表されるスタイリッシュなファンクを指しているそうで、ネオンライトの光に包まれた都会的な煌めきや芳香のする音楽という事なのだろう。そんな中で日本の音楽の再評価に合わせてこのJapanese Editionがリリースされたのも当然の流れではあるが、こちらには80年代の日本のポップスやファンクにディスコやブギーといった音楽が収録&ミックスされており、もう一回聞いただけで(当時これらの音楽を知らなかったのに)懐かしさに満たされる内容だ。フュージョン/シティポップで人気の高い佐藤博やカシオペア、演歌歌手の長山洋子、ファンク・バンドのChocolate Lips、シティポップのシンガーの国分友里恵やAOR性の強い岩崎宏美など、その他当方も全く知識を持ちあせていないアーティストが名を連ねており、程好くダンス・グルーヴと心に染みるポップなリスニング性を伴ってスムースな流れのミックスで気持ち良く聞かせてくれる。勿論ミックスはされているものの曲の性質上、テクノやハウス等におけるクラブでの4つ打ちガンガンで持続性というものではなく、あくまで曲自体が主体でそのものの魅力を主張するミックスなので、じっくりと各曲を堪能する事が可能だ。優雅なファンク、それはそれでこの作品から受ける印象は間違っておらず、曲がポップスであろうとフュージョンであろうとアタック感の強い打ち込みキックに透明感や煌めきを感じさせる豪華なシンセの響き、ファンキーなギターカッティングや肉体感あるベースで共通点があり、確かに音自体は古臭い筈なのにそれがださくなく洗練されて聞こえる(それは当時これらの音楽を体験していなかったため、逆に新鮮に感じられるのか?)。賑やかで華々しい雰囲気は勝手なイメージでは80年代のバブルで熱狂する日本のゴージャスな時代感さえもあり、ポジティブで輝きのある音楽は今聞いても眩しい位だ。屈指のディガーにより纏められたバブルな雰囲気を持った音楽、しかしそれは少しも下品ではなく永遠の輝きを放っている。

Check Muro

Tracklistは続きで。
1. 秋元 薫 / 我がままなハイヒール
2. 国分友里恵 / スノッブな夜へ
3. Noriki / Night Lights
4. Casiopeav / Dazzling
5. 風見律子 / 浮気な彼
6. 大地真央 / アスファルトはフリー
7. 秋本奈緒美 / Tricky
8. 高村亜留 / I’m In Love
9. 岩崎宏美 / ジェラシーの鍵貸します
10. 村田有美 / 不思議起きて
11. 佐藤 博 / シャイニー・レディ
12. Kyono-Natsuko / Straniera
13. 加藤有紀 / Shyに愛して
14. Carlos Toshiki & Omega Tribe ft Joey McCoy / Reiko
15. Miho / Next Move
16. Chocolate Lips / Milk & Honey
17. 米光亮 / サマータイム・トライアングル
18. 小山茉美 / Be With Me
19. 松原みき / In The Room
20. 秋元薫 / Dress Down
21. 長山洋子 / New Day For You (Cosmic Mix)
| ETC4 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4652
トラックバック