CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Idjut Boys - By The Way.. You Idjut (OCTAVE-LAB:OTLCD5550) | main | Conforce - Autonomous (Delsin:124DSR) >>
Hnny - 2014.12.31 (Omena:OM027)
Hnny - 2014.12.31
Amazonで詳しく見る(MP3)

2014年設立の新世代で頭角を現すスウェーデンはストックホルムのOmenaは、ディープ・ハウスからダウンテンポにニュー・ディスコやトライバルと多様な要素をクロスオーヴァーし、これからを期待させる多種多様なアーティストを擁している。同郷のJohan CederbergことHnnyはそのレーベルの主力アーティストの一人であり、レーベルの特にダンスの枠を越えた方面の音楽性を担っている。Hnny自身は過去にLocal TalkやLet's Play HouseにStudio Barnhus等からモダンなエレクトロニック・ハウスやディスコ・サンプリングなハウスといったダンスフロアを意識した曲をリリースしているが、その一方でOmenaからはリスニングへと傾倒したダウンテンポやアンビエントな作風で多彩なアーティスト性を発揮しており、本作はOmenaからということもありその後者の音楽性を披露している。タイトルは自らのキャリアのターニングポイントとなった日だそうで、また各曲名は世界各地の地名を現しており、これらは彼にとっての旅の表現なのだろうか。飛行場内の雑踏のフィールド・レコーディング風で空港を表現したような23秒のインタールード的な"Arlanda"で始まり、オルゴール風の可愛らしいメロディーと生っぽいジャジー・リズムによりエレクトロニカ風の"Dolores Park"、落ち着いたハウス・ビートと共に素朴な鍵盤音に優しく癒やされる"Frankfurt"と、しっとりと繊細なメランコリーが通底している。"Dublin"ではビートレスな構成に愛くるしいメロディーの鍵盤ワークでアンビエント性を披露し、"Rue De Bagnolet"でヒスノイズ混じりのアンビエント×エレクトロニカを、そして最後の"Hemma"ではドリーミーなダウンテンポによって旅の終着点となる家(Hemmaはスウェーデン語でHome)へと帰着したのだろうか。各曲は短く全体で15分と随分コンパクトな作品だが、逆にそのおかげで全体を通して一つの流れとなるような正に感覚があり、Hnnyらしい繊細でメランコリーなサウンド・スケープを体験出来るだろう。



Check Hnny
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ3 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4678
トラックバック