CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Space Dimension Controller - ReSEQ EP (R & S Records:RS 1902) | main | Hedon The Cat - From Inner Space To Outer Rhythm (wandering:10th journey) >>
Yu Su - Roll With The Punches (Second Circle:SC012)
Yu Su - Roll With The Punches
Amazonで詳しく見る(MP3)

ニュー・エイジやアンビエントにバレアリックといった音楽のアイコン的存在となったMusic From Memory。そこから派生したSecond Circleはもう少しダンスに寄り添った - とは言えども単にテクノやハウスだけでは括れない多様な要素を含む実験的な性質がある - レーベルで、MFMがリスニングに傾倒し過ぎていて馴染めない人にとってはSecond Circleの方により魅力が感じられるかもしれない。ユニークなタレントが揃うレーベルにおいて、この新作もそのレーベル性に非常に適していると感じられるが、手掛けているのはバンクーバーを拠点に活動する中国人女性アーティスのYu Suだ。まだ作品数は少なくリリースを始めてから3年経つか経たないか程の新星は、特に2018年にリリースした『Preparations For Departure』におけるアンビエントにダブやエレクトロ、ジャズやファンクといった要素が溶け合った情緒的な音楽性で注目を集め、女性アーティストの中では頭一つ抜けた存在感を示していた。本作も形容のし難いダンス・ミュージックはレフトフィールドという言葉で纏めるとすっきりするかもしれないが、土着的でエキゾチックなパーカッションの効いたロウなビート感が生々しい"Little Birds, Moonbath"は、ドリーミーなシンセのアルペジオに混ざってモジュラーシンセによるトリッピーな響きが摩訶不思議な空間を生み出し、長閑な世界観の中にも刺激的な体験を込めている。10分超えの大作である"Tipu's Tiger"も湿り気のある土着的なリズム帯が根底にあり、無駄な音は削ぎ落として音の間を強調しながらギターとシンセによって訝しいエキゾチックな性質を作り、大きく展開する事もなくレイドバックした雰囲気の中でひたすらだらだらと弛緩させられる。一方裏面の3曲はアンビエントやバレアリックと呼ばれる音楽性が見受けられ、崩れたダウンテンポのビートから水の湧くような音が浮かび上がり生命の営みを感じさせる清涼なアンビエントの"Of Yesterday"、レゲエやダブの心地好い残響やリズムを用いて生々しい土着感に爽快なバレアリック感をミックスさせた"The Ultimate Which Manages The World"、ハンドクラップとパーカッションが複雑なリズムを刻み最も原始的なエキゾチック性を打ち出した"Words Without Sound"と、こちらも各曲に強い個性が見受けられYu Suの特異なアーティスト性を感じ取る事が出来るだろう。だからこそSecond Circleからリリースされたのも自然な事であろうし、レーベルとアーティスト共々にその強い個性に注目せずにいられない。



Check Yu Su
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/4696
トラックバック