<< ROTLA - Trasmissioni (Edizioni Mondo:MND010) | main | Basso - Proper Sunburn - Forgotten Sunscreen Applied By Basso (Music For Dreams:ZZZCD0124) >>
Fabrice Lig - That Blue Synth EP (R-Time Records:RTM010)
Fabrice Lig - That Blue Synth EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

テクノの聖地とまで崇められたデトロイトが、しかし今ではハウス・ミュージックはそうではなくとも特にテクノはかつての影響力は身を潜め、やや停滞期が続いているのは否定出来ない。その一方でそこから影響を受けた外部のテクノ勢は逆に精力的な活動を行っており、例えばベルギー屈指のデトロイト信者であるFabrice Ligも90年代半ばから複数の名義を用いて活動し、VersatileやF CommunicationsにR&S等のヨーロッパの著名なレーベル、Subject DetroitやPlanet EにKMSといったデトロイトのレーベルから大量の作品をリリースしてきた、強烈なデトロイト・フォロワーなアーティストの一人だ。本作はRekids傘下のR-Time Recordsからのリリースで、レーベル自体が名作のリイシューに力を入れている事もあり、ここに収録された曲も今の時代の新作ではなく20年間保管されていた未発表曲を引っ張り出したとの事。遂に日の目を見る曲はLigに期待するエモーショナルなシンセが爆発しヨーロッパから解釈したデトロイト的なコズミック感満載のテクノで、何故に今まで世に出なかったかが不思議な程の質だ。特に突出しているのは"The Meeting"だろう、9分にも及ぶ長尺ながらもビートは走らずに徹頭徹尾溜め感が続くのだが、少しずつ変化を見せるファンクネス溢れるシンセのラインが先導しながらそこにギャラクティックなパッドが覆いかぶさりながら壮大な宇宙空間を描き出す。アシッド・サウンドも飛び出して快楽性を煽りつつ、徐々にシンセのメロディーは生命が宿ったかのように暴れだして、ゆっくりとしたスピード感ながらも壮大な宇宙空間を旅するような感動的な曲だ。2015年録音の"Nebula 101"の奇妙なシンセの音色が効いた跳ね感のあるテクノもこれぞLigといった趣きで、荒々しいハイハットやキックのリズムは跳ねながらも微妙に変化していくシンセのミニマルな構成はツール性が強く、しかし何か金属が捻れるような音使いが独特で非常にファンキーなデトロイト影響下にある事を認識させられる。そしてよりツールに特化した1995年録音の"Noise's Revolt"は流石に活動の初期の頃だけあってまだまだ荒削りで初々しさも残るが、TR-909の安っぽくも生々しいリズムも相まって初期衝動のような勢いがあり、エグくシンセのミニマルなフレーズによって攻撃的な一面を見せる。それぞれ時代が異なる事もあり方向性の異なる曲が並んでいるが、どれも未発表にしておくにはもったいない位の良質なテクノで、ファンク×ミニマル×エモーショナルな音楽を十分に体験出来るだろう。



Check Fabrice Lig
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック