CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< BEST OF 2019 | main | Lowtec - Light Surfing (Avenue 66:AVE66-06) >>
角間温泉 角間荘
角間荘1

2019年の年末も一年分の疲れを癒やすべく温泉旅へ。今回初日は長野は湯田中渋温泉郷から更にもう少し奥まった場所にある角間温泉へ。長野県には上田市にも同じ名前の角間温泉があるが、こちらは長野県山ノ内町にある山あいの温泉で、湯田中渋温泉郷の一角である。湯田中渋温泉と言えば温泉街らしい温泉街で賑わっているが、角間温泉は商店が一軒(それも2019年末に閉店したようだ)しかなく、静かで侘しささえ感じられる田舎風景だ。しかし町には共同浴場が3つもあり、温泉好きには一見の価値ありだろう。今回泊まった角間荘は元は保養所だった所を温泉好きだった人が買い取られて、自炊をベースにした湯治宿として運営されているようで、年末にもかかわらず暖房費や温泉税も含めて6500円程度で泊まれるリーズナブルなのがありがたい。
角間荘2

元は保養所だったという宿だが綺麗に掃除はされており、決して新しくはないが清潔で湯治宿の初心者にも安心だろう。布団は自分で好きな時に敷く、料理も好きな時にする、全て自分の好きなタイミングでするというのがこういった宿の長所で、周りを気にせずのんびりと過ごせるのが良い。

角間荘3

部屋の奥には炊飯器もあるのでお米を持参して炊くのが良いだろうが、この宿ではお米や卵に調味料等も安価で手に入れる事が出来て、細かい点でサービスが行き届いているのがありがたい。ただしアメニティ類(浴衣や歯磨きにタオルなど)は一切ないので、そちらは持参するかまたはお金を払ってレンタルする必要がある。

角間荘4

浴場は2つあり、宿泊客の多さによって変わるようだが6時〜8時と17時〜20時は男女で浴場を分けて、それ以外の時間は札を掛けて貸し切りに出来るので、家族やカップルで来た人にとっても都合が良い。写真は大浴場になるが4人位入れればという程度の大きさで、しかしそこにナトリウム-塩化物温泉が掛け流し状態なので湯は結構熱い。浴室に足を踏み入れると仄かに硫化水素の香りも漂い、熱くて長湯は難しいが癖の少ない湯は心地好い。

角間荘5

蒸気で曇っていて分かりづらいが窓からは雪景色も見れて、露天風呂は無いけれど十分に風情を感じられる。自分が入っていた時は結局他の男性も入ってこなかったので、ゆとりのある浴室をのんびり一人で利用出来て、派手な浴室ではなくとも独り占めというのはある意味では贅沢な気分だった。

角間荘6

夕食は自炊なので飲み物も当然持参。近くの渋温泉に足を運べば「玉村本店」という酒造があり、そこでは日本酒にクラフトビールが購入可能で、またギャラリーも観覧出来るので是非とも訪れてみて欲しい。風情のある建物は如何にも日本的景観で、その為か当日は日本人よりも外人の観光客が多かったように思う。こちらのビールは1t IPAというビールで、1トンのモルトと大量のホップを使った強烈な苦さのあるIPA。しかしただ苦いだけでなく複雑な旨味とコク、そして芳醇な柑橘系の香りがあり、文句無しの抜群の美味さだ。

角間荘7

こちらは日本酒の縁喜(えんぎ)の山恵錦 純米吟醸で、長野の米では美山錦が有名なところ、その「美山錦を超える酒米を!」との期待を受けている新たな品種で醸造しているそうだ。純吟だがそこまで芳醇な香りを立たせるでもなく、飲み口としてはドライかつ切れのある酸味ですっきりとゴクゴク飲めてしまう。熱燗にすると酸味がより立って、口当たりが強くなる印象は一層強くなる。

角間荘8

こちらは来る途中に寄った小布施周辺にある「肉の小泉屋」の馬刺し。国産と輸入産があって、やはり国産を買いたかったのだけど値段がかなりいいので、今回は輸入産で我慢。パックになっているのをお店でスライスしてくれるので、調理不要で楽チン。取り敢えずニンニクを買うのを忘れたので醤油のみで食べたが、輸入産でも十分に柔らかくて肉々しく非常に美味しかった。

角間荘9

そして鍋の材料はこれまた来る途中に寄った「ツルヤ 一本木店」で購入。兎に角ばかでかいスーパーなので食材は一通り揃うが、簡単に調理出来る事と冬なので鍋が一番適切だろう。宿には調理器具は一通り揃っており料理をするには困らず、またIHヒータも各部屋分の数は揃っており、なのでキッチンで野菜や肉を下ごしらえしてから後は部屋に鍋を持ち込んでスープに食材をドボンッ、簡単に鍋が完成である。

閑静な温泉街の自炊宿なので豪華絢爛さは皆無、しかし宿の部屋だけでなくトイレやキッチンの清潔さや、源泉掛け流しの良質な温泉、周りを気にせずのんびりだらだら過ごせる空間と、不満な所は一つもなく実に快適な宿であった。久しぶりに見つけた穴場の宿で、今後もご贔屓にしたいと思う。

HP:角間温泉 角間荘
住所:長野県下高井郡山ノ内町佐野2137-1
電話番号:0269-33-8290
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 20:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする