CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Nomadico - The Code Switcha (Yaxteq:YXTQ 004) | main | Indigo Aera - Terraformer EP (Indigo Aera:AERA024) >>
Jovonn - Timeless (Body 'N Deep:BND003)
Jovonn - Timeless

ブルックリン生まれ、ニューヨークとニュージャージーを結ぶ王道ハウス・ミュージックのベテラン、Jovonnによるなんと『Spirit』(過去レビュー)以来の16年ぶりのアルバム。1990年頃から活動するこのアーティスト、今までにもGoldtone RecordsとNext Moov Recordsというレーベルを運営し活動を続けていたが、2016年からはBody 'N Deepを設立し90年代初期のディープ・ハウス〜テック・ハウスに注力しているようで、このアルバムもこれ以上はない位に直球ハウスな内容だ。父はギター/ベース奏者、母は鍵盤奏者という環境で育った事はJovonnの音楽性にも当然影響を及ぼしており、このアルバムが昔の作風に比べるとややミニマルというかソウルフルな方向よりはツール性へと傾倒しているのだが、それでも鍵盤の手弾きを感じさせる風合いもあり、それがジャジーさや温かみにも繋がっている。それは開始の"Keep On"から端的に現れており、跳ねるような太いキックのリズムから始まると耽美なピアノのコード展開とオルガンの感情的なソロが疾走り、熱くなり過ぎる事もないがクールなソウルフル性を発揮する。キレのあるリズムとボーカル・サンプルのループでファンキーさを打ち出した"Affection"は、中盤まではあまり展開を広げないがそこから感情を吐露する歌が入ってくる辺りは、やはりハウス・アーティストらしく込み上げる思いは抑制出来ないのだろう。"Hesperia Soul"では生っぽいざらついたリズムに麗しいヴァイオリンの旋律が舞い踊り、いかにも90年代の高らかに喜びを歌い上げるような直球ハウスだ。と思えば"Party In My House"ではダークなシンセとドラッギーな呟きによって不穏な空気に支配され、"Turnin Me Out"では低音が目立つ太いキックと図太いグルーヴとマイナー調のコード展開でディープに潜っていき、真夜中のフロアの中で黒光りするようなツール寄りなハウスもある。と終盤まではずっしり腰にくるダンス・グルーヴでしっかりと躍らせる曲が中心で、しかし最後の"Timeless"ではテンポをダウンさせて、綺麗なパッドを伸ばしつつ麗しい管楽器のソロを被せて実にしっとりとした大人の余裕を感じさせるスローモー・ハウスを聞かせるのが心憎い。ベテランアーティストがハウスに正面から向き合った横綱相撲的なアルバムは、驚くべきというよりは聞いていて安心感があり、これだよこれっ!というベテランらしいクラシカルな作風なのだ。



Check Jovonn
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする