<< 2020/1/11 Moodymann Japan Tour 2020 @ Contact | main | Juliano - Chanme (Mojuba:Mojuba 029) >>
Nightmares On Wax - Back To Nature (Ricardo Villalobos Remixes) (Warp Records:WAP432)
Nightmares On Wax - Back To Nature (Ricardo Villalobos Remixes)
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
30年近くに渡りダウンテンポの探求を行うGeorge EvelynことNightmares On Wax、そして現在のミニマル・ハウスへと道を開拓してきた奇才・Ricardo Villalobos、そんな二人の邂逅が再び。2014年にも1990年作である初期の名作をVillalobosとMax Loderbauerがリミックスを施した『Aftermath (Ricardo Villalobos & Max Loderbauer Remixes)』(過去レビュー)をリリースし、滑り気を帯びた不気味な迷宮的ミニマル・ハウスへと上塗りしオリジナルからある意味ではVillalobosの新作と呼べるまでの変化を披露し、流石の手腕を発揮していたのも懐かしい。今回はVillalobos単独でのリミックスとなるが、しかしその手腕に陰りは全くなく流石のミニマル・ハウスの求道者たる才能を発揮したリミックスで、今回も殆ど新作と呼べるまでの変貌を遂げている。オリジナルの"Back To Nature"は優雅なストリングスが彩りねっとりしたレゲエ調のアフタービートとソウルフルな歌を活かした甘く切ないダウンテンポだったが、2つのリミックスは完全にフロアを深い沼に嵌めていく呪術的なミニマル・ハウスで、催眠性の強い魔力を発している。"Lobos On Wax House Mix"は比較的一般的なミニマル・ハウスのスタイルと呼んでいいだろう、湿り気を帯びながらもカチッと芯のあるキックと不気味なボイス・サンプルのループで始まるが、無駄な音を削ぎ落としてスカスカな構造が如何にも彼らしい。そんなリズムが削り出されたトラックにオリジナルにあったストリングスとエレピのコードが交互に現れるも、余り感情性を打ち出さずに淡々としたミニマルなリズムが引っ張っていく催眠的な流れで、優美さはありながらも非常に機能性に特化されたクールなミニマル・ハウスだ。そしてVillalobosnの異才が際立つのが"Ricardo Villalobos Back To Earth Mix"の方で、生っぽさを増したキックやスネアと崩れてつんのめったリズムによって生臭さを増してずぶずぶ泥沼へと沈んでいくようなビートを軸に、エレピやストリングスは抑制され代わりにくぐもって不明瞭な呟きやポコポコした民族的なパーカッションと怪しい電子音を繊細に織り交ぜた土臭い音響が生まれ、ねっとりずぶずぶと足を取られる。途中からはリズムは整った4つ打ちのミニマル・ハウスへと変化するが、A面のリミックスよりは太さよりは繊細なグルーヴ感が打ち出され、Villalobosらしい妙技が感じられる。という事でこのリミックスも完全にVillalobos節全開な、つまりはVillalobosのほぼ新作みたいなもので、ミニマル好きは必聴。



Check Nightmares On Wax
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする