CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2020/1/17 GUIDANCE 15th × SLEEPING BAG @ Vent | main | Alton Miller - Infinite Experience (Local Talk:LT 96) >>
Akis - Remixed (Into The Light Records:ITL005.5)
Akis - Remixed
Amazonで詳しく見る(MP3)

近年、世界各地に眠るニューエイジやアンビエントの秘境音楽の発掘が著しいが、特にギリシャに焦点を当てて発掘を行っているのがInto The Light Recordsだ。2017年にはギリシャのコンポーザーであるAkis Daoutisの埋もれた曲をコンパイルした『Space, Time and Beyond (Selected Works 1986-2016)』(過去レビュー)をリリースしちょっとした話題を集めていたが、そこに収録された曲を現在のアーティストがリミックスを行ったのが本作。PejzazやEarth Trax名義も含めてニューエイジやダンス方面で活躍中のBartosz Kruczynski、オルタナティブなダンスを手掛けるBenoit BやTolouse Low Trax、Miltiades名義でも活動するロウテクノのK100 Signalとやや癖があるというか個性的なアーティストがリミックスを提供しているが、どれも今風なサウンドになっておりリミックスの妙技を楽しめる。原曲はカラフルなシンセ・ポップの感覚もあったのが"Into The Light (Tolouse Low Trax Remix)"ではかなり抑揚は抑えられ淡々としたマシンビートとカラコロとしたパーカッションが引っ張っていき、ベースにしろ上モノにしろ全てが整然と変わらないループを繰り返すリズム重視なリミックスで、その執拗な反復が催眠的でもありずぶずぶハマっていく。比較的バレアリック寄りな作風が爽快で心地好かった"Ecological Awareness"、これは2アーティストがリミックスしているが、"Ecological Awareness (Benoit B Remix)"は原曲の雰囲気を受け継ぎつつ音や構成をクリアにする事で綺麗なアンビエント/バレアリック性が増し、非常に素直なリミックスと言えよう。一方"Ecological Awareness (K100 Signal Remix)"は原曲の明るさから一転、重苦しくミステリアスな雰囲気が漂うディープな瞑想系アンビエントへと生まれ変わり、ズブズブとしたロウなリズムと重苦しい電子のドローンが持続して、何処までも深く潜っていくよう精神世界へと誘われる。圧巻のリミックスは"Christmas (Bartosz Kruczynski Remix)"で、元々夢のようなニューエイジ曲だったのがこのリミックスでは更にそれ推し進め、静謐なドローンと美しい電子音やピアノを繊細に組み合わせて実に幻想的に仕上げており、中盤からは覚醒的なアシッド・サウンドも出現してドラマティックなのにトリッピーなアンビエント空間を創出するのだ。全体的にリスニング寄りの曲なのでダンス中心のクラブで使うのは難しいかもしれないが、ニューエイジやアンビエントが再燃する今という時代にぴったりなリミックスである。



Check "Akis Daoutis"
| TECHNO14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする