CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Akis - Remixed (Into The Light Records:ITL005.5) | main | Dave DK - Chicama EP (Pampa Records:PAMPA 034) >>
Alton Miller - Infinite Experience (Local Talk:LT 96)
Alton Miller - Infinite Experience
Amazonで詳しく見る(MP3)

デトロイトの伝説的クラブであるMusic Instituteの創始者の一人…という経歴だけでも強い存在感を放つデトロイトのディープ・ハウス方面の大ベテラン、Alton Miller。ジャジーでソウルフルかつエモーショナルな、新鮮さよりは古典的なディープ・ハウスを追求する伝道師的な存在は、時代の流行に関係なく自身の揺るぎない音楽性によって聞く者を魅了する。暫くアルバムは出ていないもののEPに限って言えばここ数年量産体制を継続しており、Sound SignatureやNeroliにMoods & GroovesやSistrum Recordings、その他多くの実力派レーベルに作品を提供しており、前述のようにクラシカルな作風がぶれないからこそ色々なレーベルから信頼を寄せられているのだろう。さて、勢いに乗ってリリースされた新作はスウェーディッシュ・ハウスを引率するLocal Talkからとなるが、レーベルがジャジーなりクロスオーバーなりの音楽性に理解があり、その意味ではMillerの音楽性との親和性は抜群である事は説明不要だろう。クラブ・トラックである事は前提としても単に打ち込んだ機能性に特化しました…という作風ではなく、鍵盤弾きであろう豊かなメロディーラインやオーガニックな響きを前面に打ち出したソウルフルな作風がMillerの特徴で、"Afro Grey"でも弾けるパーカッションが爽快なリズムを刻み豊かなパッドの伸びに合わせて、光沢感あるフュージョン風なシンセが優雅に舞い踊るテッキーながらも温かみのあるディープ・ハウスは、エレクトロニックとオーガニックの実にバランス感の良い曲だ。"By The Way She Moves"はテンポを抑えて緩やかでざっくりとしたリズムが生っぽくもあるハウスで、勢いを抑えた分だけテッキーなシンセのリフと切ない鍵盤のメロディーがより湿っぽく感情的に迫ってきて、ジャジーなMiller節をより堪能出来るだろう。また配信限定で"One Way Back"も収録されているが、これはスキップするような軽快なアフロ・パーカッションが跳ねる躍動感溢れるハウスで、古典的なオルガンのコード展開に煌めくようなシンセソロが彩りを施して、優美にピアノの鍵盤も加わってくれば実に華麗なクロスオーバー系のダンストラックとなる。曲調としては過去から続く切なくエモーショナルなハウスを得意とするMillerの音楽そのもので、目新しさは皆無なもののこういった音楽こそが流行にかかわらず聞かれるべきものだ。



Check Alton Miller
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする