CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Alton Miller - Infinite Experience (Local Talk:LT 96) | main | Gerry Read - It'll All Be Over (Pampa Records:PAMPA033) >>
Dave DK - Chicama EP (Pampa Records:PAMPA 034)
Dave DK - Chicama EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ポップとユニークを、ダンスとリスニングを跨ぐテクノ/ハウスを絶妙のバランスで混合する事では右に出る者がいないと言っても過言ではない、そんなレーベルがPampa Recordsだ。熱狂的なクラブの興奮の中でも可愛らしくあったり癖があったりする曲が、しかし上手くダンスのグルーヴと馴染みながら場を沸かせる曲となる機能性もあり、ダンス・ミュージックの界隈で特に面白いレーベルの一つ。そんなレーベルの2019年作の一つがこちら、過去にはPampaを始めKompaktやMoodmusicといった人気レーベルに曲を提供しているベルリンのアーティスト、David KrasemannことDave DKによるEPだ。ベテランながらもポツポツと思い出した頃に作品を出す控えめな活動ではあるが、その分どの作品でも淡い霧に満たされたようなディープかつメロウなテック・ハウスは軒並み水準が高く、安定した作風は信頼を寄せられる。がこのPampaからの曲はやはりと言うか、どれも普段よりも癖があって幻惑的な陶酔感に溺れてしまう。"Jelly Legs"はしっかりとハウスの4つ打ちを刻んでいるものの、奇妙な打撃音やパーカッションが印象的で、そこにコラージュ風で抽象的ながらも甘く朧気なシンセが厚みを増して夢の中へと誘うドリーム・ハウスは近年のPampaの作風を踏襲している。余りにも眩いばかりの神々しさと絶対的な多幸感に包まれて、フロアを至福で満たす間違いのないキラートラックだろう。対して"El Point"は不鮮明でドローン調の音響がアンビエンス性を発しており、その中に不気味なボイス・サンプルや金属的なパーカッションを織り交ぜて、勢いはありながらもアブストラクトでトリッピーにはめていくディープ・ハウスを披露。そして土着的でリズムとダビなー音響によって揺らぐ音像を生み出す"Chicama"、チャイムの原始的な響きや荘厳なシンセに呪術的な歌が入り組み、Osunladeに負けず劣らずな壮大なアフロ・ディープ・ハウスを聞かせる。3曲それぞれタイプが異なりながらもPampaというレーベルに見受けられる奇抜性×メロウネスはここでも健在で、どれもフロアで体験したら高揚へ導かれるに違いない。



Check Dave DK
| HOUSE14 | 12:01 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:01 | - | - | |

コメント
コメントする