<< Dave DK - Chicama EP (Pampa Records:PAMPA 034) | main | Jon Dixon - Sampa EP (4evr 4wrd:4EVR-003) >>
Gerry Read - It'll All Be Over (Pampa Records:PAMPA033)
Gerry Read - Itll All Be Over
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
先日述べたようにPampa Recordsの面白さはフロアで映えるダンストラックとしての機能性だけでなく、それに相反するような実験性やコミカルなポップさを兼ねそなえている事で、曲によってはクラブを覆う闇を消し去るような明るく陽気なものもあり、奇抜ではありながらも決してとっつきにくい音楽性ではない。そんなレーベルの方向性をリードする主宰のDJ Kozeの才能は疑うべくはないが、それを追従する存在と呼んでも過言ではないのが若手アーティストのGerry Readだ。Pampa傘下のFourth WaveをはじめとしてDelsinやAus Musicからディスコ・ハウスからロウ・テクノまで、それらもひねくれたユーモアと呼べる実験性と陽気なポップさを両立させており、例えばMatthew HerbertのAccidental Jnrからのリリースもあれば当然その奇抜な音楽性を想像出来るのは容易いだろう。2019年にリリースされた本作もその音楽性は変わらず、どころかサマーブリーズよろしくな爽快感とメロウネス爆発な世界観に心酔せずにはいられない。ドタドタと粗雑なキックとバンジョーの朗らかなフレーズで始まる"It'll All Be Over"は、そこからソウルフルなボーカル・サンプルとジャジーな切ないギターのフレーズに切ないキーボードを詰め込んで、くどい程までにポップス性を磨き上げた真夏の陽気ながらも夕暮れ時の切なさも込み上げる情熱的なディスコ・ハウスで、これぞPampaなユニーク性だ。"Satyricon"も路線としては似ており、爽快なビート感に呟き風ボーカル・サンプルがしっとりとして、カウベルの可愛らしい音色やほんのり郷愁を添えるギターも加わり陽気なハウスになったと思うと、途中には逆回転風のコラージュも織り交ぜて酩酊したような瞬間も生み出すユニークなハウスで、その遊び心が美味く展開を盛り上げるように役立っている。Readのオリジナルの素晴らしさだけではない、DJ Kozeによる"It'll All Be Over (DJ Koze Remix)"はそれ以上に完璧なピークタイム・トラックで、その切なくもメロウなディスコ・ハウスに感嘆せずにはいられない。方向性は原曲と同じだが、フィルター・ハウス風でより滑らかなグルーヴ感で機能性を磨き、甘いメロディアスな部分をループさせて執拗に用いる事で、濃密なまでのメロウネスを発揮している。リミックスと言うよりはエディットに近い位に原曲へ寄せてきているが、DJとして使うならDJ Kozeのリミックスだろうなと思う映える作風だ。PampaというレーベルのみならずReadの存在感も増すEPで、流石の出来だ。



Check Gerry Read
| HOUSE14 | 12:30 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする