CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 蓮爾 新町一丁目店 | main | Mac-Talla Nan Creag - The Sorrow Of Derdriu (Firecracker Recordings:FIREC027CD) >>
D.K. - Mystery Dub (Second Circle:SC009)
D.K. - Mystery Dub
Amazonで詳しく見る(MP3)

アンビエント/ニューエイジの急先鋒となったMusic From Memory、そこからもう少しダンス方面へと意識を向けた別ラインがSecond Circleだ。とはいっても単純にハウスだとかテクノに収束せずにワールド・ワイドな雰囲気を持ちユニークな音楽性を残す点ではMFMの系譜である事を示しているが、本作はそんなSecond Circleからの2018年作。手掛けているのはパリジャンのDang-Khoa ChauことD.Kで、幾つか持つ名義の中でもこのD.K.の初期活動ではAntinoteからのバレアリックなアルバムやMelody As Truthからは更に穏やかなアンビエントへと向かったりと、比較的ダンスフロアからは意識的に距離を置いた作風が彼のトレードマークになっていたように思う。ところが2019年以降のAntinoteからの複数のEPはどれもニューエイジな性質もあるハウスへと舵を切ってリスナーを驚かせたが、その予兆は既に本作の時点で見受けられる。4曲の内2曲は完全にハウスのビートを刻んでおりダンスを意識しているのは明白で、そこに桃源郷の風景が浮かび上がるバレアリック/ニューエイジ性を組み込んで、現実と空想が交錯するメランコリーな音楽を聞かせる。快活なハウスのビートにエキゾチックなパーカッションを組み合わせ、残響が微睡みを誘う美しいシンセのレイヤーが広がる"Stick To The Rules"は、そしてチャイムの催眠的な反復や朗らかなピアノやシンセのコード展開も用いて、豊かな叙情性となって押し寄せて、EPの中で一押しのバレアリック・ハウスだ。タイトル曲の"Mystery Dub"は柔らかいマリンバのフレーズと土着的なビート感が印象的で、熱帯の深い密林を思わせる豊かな色彩とミステリアスでトリッピーな響きによって、南国へと旅へと誘われる。残りの2曲は従来のアンビエントやバレアリックの成分が満ちたリスニング志向で、ダビーに揺らめくシンセのレイヤーとトライバルなリズムが未開の秘密めいた森林奥地の雰囲気を有むバレアリックな"Rebound"、鳥の囀りのサンプルや原始的なパーカッションを用いて更にスピリチュアル性を増して亜熱帯の土着感を創造するニューエイジ調の"Wise Bird"と、本作ではやたらと大地と共鳴するネイチャー志向が強く伝わってくる。ダンスとリスニングに跨る辺りもSecond Circleらしく、D.K.とレーベルの親和性は抜群といった趣きで、この方向性で同レーベルよりアルバムもと期待したくなる。



Check D.K.
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする