<< Cosmic Garden - Rhythm Of Life (Hot Haus Recs:HOTSHIT044) | main | Folamour - Re-Interpretations #1 (Classic Music Company:CMC276) >>
Lamellen - Monty Roberts EP (Dekmantel:DKMNTL061)
Lamellen - Monty Roberts EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

今や世界随一のフェスティバルから更にレーベルとしても確かな地位を築き上げたDekmantel。その看板はブランド的でもあり多くの才能が集まってくるが、そんなレーベルから2019年2月にデビューしたこのLamellenも大きな期待を感じさせる素晴らしい音楽性を盛っている。ニューカマーかと思いきやオランダのRimer LondonとLyckleの二人によるユニットで、それぞれ既に経歴の長いベテランアーティストなのだから、このデビュー作も出来が良いのは当然か。基本的にはスローモーなニューディスコ路線ではあるが、そこにはイタロやバレアリックな成分もあり、緩くも楽天的な世界観には穏やかさが溢れている。生っぽくロウなドラムマシンに合わせてメランコリーで繊細なピアノを被せた"Horse Message"、ピコピコとした可愛らしいシンセのアルペジオも加わり、実に甘美な夢の世界へと誘うスローモー・バレアリックで白昼夢へと落ちてしまう。一方、デケデケとして強烈なベースラインが打ち出された"Spider"はイタロ・ディスコ寄りの曲で、ゴージャスなピアノのコードやトリップ感のある電子音を散りばめて、中盤には破壊的な打撃音が炸裂するブレイクも織り交ぜて盛り上がるノリの良いダンストラック。そこから再度スローモーなビート感に回帰した"Oyster"、透明感のある清純なパッドと光沢感のあるシンセファンクを用いて、開放感と清涼感のある穏やかなバレアリックの世界を展開する。そしてドタドタとしたリズムマシンがディスコ的な"Railrunner"、軽く爽やかに響くギターや生っぽいベースの効果でディスコのファンク感もありつつ、爽快なパーカッションや不思議なSEのおかげで南国のビーチを思わせるトロピカルなムードもあり実に楽天的だ。全曲外れ無し、ニューディスコやバレアリック好きなら間違いなく魅了される緩くもドリーミーな音楽性は、時間の短いEPではもったいなく是非ともアルバムのリリースを期待してしまう。



Check Lamellen
| HOUSE14 | 08:30 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 08:30 | - | - | |

コメント
コメントする