CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fumiya Tanaka - Beautiful Days 2010-2015 (Sundance:SNDCD002) | main | Luke Abbott - Music From The Edge Of An Island (Float:FLOAT003LP) >>
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP (Phonica Records:PHONICA026)
Earth Trax & Newborn Jr. - Truth EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

Bartosz Kruczynskiとしてオーガニックなニューエイジやアンビエント方面で評価も高いEarth Trax、そしてヒップ・ホップやダウンテンポも取り込んだアルバムをDopeness GaloreからリリースしたNewborn Jr.によるポーランドのコンピは、2016年頃から手を組んでヒット作を送り出しているが、活動初期はアンビエンス感溢れるシンセを用いたエモーショナル性の強いディープ・ハウス色が特徴だったものの、リリースを重ねるに連れてアシッド・サウンドやうねるブレイク・ビーツが徐々に現れはじめ、レイヴ再燃の動きに同調している予兆は既にあった。そしてそれが完全に顕になったのが本作、90年代の懐かしくもエネルギッシュな興奮が詰まったレイヴを、彼等のかねてからの音楽性とミックスして自分達のモノとしている。タイトル曲の"Truth (Main Street Mix)"からしてTB-303らしきアシッド・サウンドがビキビキとうなりつつダーティーなベースが下部を支え、熱狂的なシャウトやギトギトしながらも派手なシンセサウンドのメロディーが引っ張っていくこのレイヴィーなハウスは、90年代のクラシカルな雰囲気さえ漂わせている。別バージョンとなる"Truth (Back Alley Mix)"も大きな違いはないものの、一部にダブな処理を加えて揺らめくような残響がシカゴのアシッド・ハウス的にも聞こえたりもする。一転して"Old Way, New Way"は従来の彼等らしいアンビエント・ハウスで、若干アシッド風なベースは用いつつもフルートの朗らかなメロディーと優美なピアノのコードを展開し、軽快なブレイク・ビーツで快適なグルーヴを生むこの曲も90年代のオールド・スクール感がある。"And Then"も同様にフルートを用いているが、先程の曲が陽だとしたらこちらは陰、夜の怪しい雰囲気に覆われ激しいグルーヴではないものの真夜中の熱狂的なダンスパーティーへと次第に移っていくような時間帯のブレイク・ビーツ調のハウスで、じわじわと感情を揺さぶっていく。再燃しているレイヴサウンドを意識しながらも、単なる焼き直しに終始せずロウな感覚やアンビエント性も取り込み、強い印象を残す作風として素晴らしい。



Check Bartosz Kruczynski & Newborn Jr.
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする