CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Luke Abbott - Music From The Edge Of An Island (Float:FLOAT003LP) | main | Perishing Thirst - Pilgrims of the Rinde (NAFF:NAFF004) >>
Marvin Dash - MD 50 (Into The Deep Records:ITDR004)
Marvin Dash - MD 50

過去にはDerek CarrやLeonidらの作品をリリースしており、90年代で言うインテリジェンス・テクノ的な内向的ながらも叙情性のある世界観が特徴のInto The Deep Records。2016年設立とまだ新興レーベルで作品数も多くはないが、その分だけ作品は選りすぐられており今後も注目すべきレーベルと感じている。2019年リリースの本作は過去にはForce Inc.やWorkshopからミニマルな性質とデトロイト・ハウスを一つにしたようなファンキーかつエモーショナルなハウスを作品をリリースしていたMarvin Dashによるもので、最後のリリースが2011年だったのでなんと8年ぶりの新作という事になる。なんでもInto The Deep Recordsが過去4年間に渡りDashを探索していたようで、何とか追跡出来た上に説得して本作のリリースに至ったようだが、そんな努力が花開く期待以上に素晴らしいEPだ。Dashのロウな作風よりはやや綺麗めの音にはなっているものの、アナログ・ハードウェア機材をベースに作られた曲は人肌を感じさせる素朴な響きもあり、ミッドテンポのディープ・ハウスからダウンテンポまで展開し穏やかな叙情性を発揮している。しっとりした4つ打ちのキックを刻みつつカラッとしたパーカッションが響き、そして透明感があり涼しげなシンセのメロディーや優美なストリングスが伸びる"A1"は、野外の開放感や爽快感が広がる大らかなディープ・ハウスで、熱狂に塗れる真夜中のダンスフロアとは真逆のリラックスして至福の音に身を任せたくなる快適な曲。"A2"は過去の作風にも近い内向的なディープ・ハウスで、こちらもしっとり湿り気のあるキックの4つ打ちやベースラインが安定感のあるグルーヴを作りつつ、上辺で華やかなストリングスが優雅に装飾しつつキラキラとした電子音を散りばめているが、闇が広がる深いフロアで鳴っていそうなミステリアスな感覚は催眠的だ。そして一曲やや浮いた感もあるのが"B1"で、カタカタとしたドラムマシンのリズムは粗雑でロウな鳴りをしており、アシッドで中毒的な電子音のループと対照的にきらびやかな上モノのコードによって酩酊感を生むこの曲は、個性的なレフトーフィールドのハウスだ。8年も待たせたわりには僅か3曲と思うかもしれないが、どれも待たせられた分を埋めるだけの魅力的なハウスで、ここからの再活動に期待を膨らませる。



Check Marvin Dash
| HOUSE14 | 21:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする