CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Stump Valley - Natural Race (Dekmantel:DKMNTL072) | main | Kapote - What It Is (Toy Tonics:TOYT090) >>
Byron The Aquarius - Astral Traveling (Mutual Intentions:MI-016)
Byron The Aquarius - Astral Traveling
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2016年にS3AのSampling As An Art Recordsからデビューするやいなや、Kyle HallのWild OatsやTheo ParrishのSound Signatureから立て続けにEPをリリースし、一躍注目を浴びる事となったアラバマ出身のByron The Aquarius。ファンクやジャズにヒップ・ホップまで吸収しながらハウスのフォーマットに纏めた音楽性は、DJが使えるクラブトラックのマナーに沿いながらもキーボーディストである手腕を活かして、豊かなメロディーの展開やライブ感溢れるグルーヴが存在し演奏家/作曲家としての面が強く打ち出されたものだった。新人なのにその完成度…というのも実は当然で、The Big Paybackというバンドでの活動を始めとして他アーティストの制作にも加わったりと、実は10年以上の音楽経験がある熟練者なのだからそれも納得の事だったのだ。そしてソロデビューを果たしてから3年、待ちに待っていたアルバムは当然の如くほぼ自身で楽器を演奏し、曲によっては歌まで披露するなどやはりプレイヤーである事に拘ったアルバムだ。過去の音楽性から全くぶれる事はなく、ジャズやソウルにヒップ・ホップからハウスまでが見事なまでに一つに溶け合った音楽は、全く外れがなく貫禄十分で実にベテランとしての横綱相撲的な内容だ。出だしのメロウな"Love Is 4 U"からして素晴らしく、切ないピアノのコードと美しく伸びるストリングス、そこにフェンダー・ローズが優しく情緒を付け加え、自身の霞んだような歌も相まってより郷愁が強く発せられるハウスから魅了される。"Sorry Kari (Lu$t)"でも優雅なストリングス使いとピアノ等の鍵盤ワークが印象的なハウスだが、そこにエレクトロニクスのループや咆哮するギターソロも加わってくると途端にファンキーさを増す。一方では完全にジャズに振り切れてインプロビーゼーション的に各楽器がのびのびとソロワークを披露する"Lost In Love (Intermission)"は燻し銀な渋さがあり、同じジャズ色が強めながらもビートが入り光沢を見せるような鍵盤が美しい"Deep In That *****"はコズミックなジャズと呼べばよいか、どちらも湿ったような情緒的な曲だ。気怠い呟きと優雅なコーラスから始まり、フュージョン的なシンセソロや透明感のある耽美なフェンダー・ローズとサックスを重ねてエモーショナルに展開するハウスの"Universal Love"は、アルバムの中でも特にうっとりさせられる。アルバム終盤はヒップ・ホップで纏めており、ビートレスながらも自身で軽快なラップを披露しヒップ・ホップの雰囲気を生む"Spazzing Out (4 U)"、ざっくりとスモーキーなダウンテンポに湿っぽいエレピコードを合わせて温かい感情に包んでいく"I Can't Help My$elf"と、最後は盛り上がった気分を徐々に落ち着かせるようにアルバムを締め括る。最初から最後まで見事なまでに捨て曲無しでByron The Aquariusらしいプレイヤーとして演奏力を発揮しつつ、勿論クラブでも違和感のないダンス性が込められた感情性豊かなアルバムは、デビュー作にしてほぼ彼の音楽性が完成されているように思える程だ。流行とか時代に関係なく、クラシック的なハウスとして魅力的である。



Check Byron The Aquarius
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする