CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Haedong Seoungguk - Daegeum Dosa with D.K. Remixes (Tonal Unity:TU10) | main | DASCO - African Power (Local Talk:LT102) >>
Pepe - Life Signs EP (Church:CHURCHM006)
Pepe - Life Signs EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Pepeといっても鬼才Bradockではなく、スペインのプロデューサーJose Bernatのプロジェクトは、2016年頃から作品をリリースし始めた事からすると比較的若手のアーティストなのだろうか。過去の作品を聞いてみるとロウな質感のハウスやメロディアスで陽気なテックハウス、またはエレクトロ調やオールド・スクールなハウスと、EP毎にやや振れ幅を持っているようだが、基本的にはフロアフレンドリーながらもどれも明るくエモーショナルな性質が感じられる。そしてこの2019年作、今やジャズやダウンテンポも吸収しながらクロスオーヴァーな方向性では特に先陣を切っているSeb Wildblood率いるロンドンのChurchからとなり、レーベルのブランド性もあってより一層Pepeの注目度は高まる筈だ。本作の特徴は何を差し置いても躍動的なブレイク・ビーツを用いている事で、"Life Signs (Roll Mix)"からして90年代風レイヴを思わせるしなやかなブレイク・ビーツを刻みつつ、そこに8ビット風の電子音やファンキーなサンプリングの効果音などを織り交ぜ陽気に展開する。そして中盤にはビートを消し去りつつドラマティックに展開するブレイクも差し込み、そこから美しいパッドも広がりながらアンビエント・ハウスな感覚もあったりと、跳ねるようなリズムに乗りつつ実にエモーショナルな作風だ。別バージョンとなる"Life Signs (Bleep Mix)"も大幅には変化はないものの、更にコンピューターゲーム風なメロディーが打ち出され、ピコピコな響きにはレトロフューチャーな味わいがある。"You Must Not Be Me"は序盤エレクトロ風なビートと繊細でキラキラする電子音に引っ張られつつ、途中からやはりブレイク・ビーツへと変化するも細く軽いリズムが爽快感を纏っており、透明感のある薄いシンセに覆われて太陽光を全身で浴びているような輝かしい響きは、多幸感に溢れていて屋外向けの曲だろう。そして意外な一曲が"Recollection"で、全くのビート無し状態に陽炎が揺らめくような幻想的な電子音のドローンが伸びるアンビエントは、それまでの激しいブレイク・ビーツなハウスとは対照的に、内向的なベッドルームのリスニング志向。快活に弾ける陽気なダンスからドリーミーなアンビエントまで、レトロな空気感を含みながらもどれも現在のレイヴやブレイク・ビーツが再燃するシーンに適合した音楽性で、これからを期待させるには十分な内容だ。



Check Pepe
| HOUSE14 | 18:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | |

コメント
コメントする