CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Young Marco - Bahasa (Island Of The Gods:IOTG004) | main | Iury Lech - Otra Rumorosa Superficie (Utopia Records:UTO 001) >>
Joe Morris - Exotic Language (Shades Of Sound Recordings:SOS EL)
Joe Morris - Exotic Language
Amazonで詳しく見る(MP3)

作品をリリースし始めてからおおよそ10年、リーズ出身のバレアリック寄りのディープ・ハウスを手掛けるJoe Morrisが完成させた初のアルバムは、バレアリックからイタロにアンビエントやニューエイジにダウンテンポまで、現時点に於ける自身の活動の集大成的にバラエティー豊かなスタイルを盛り込んだ素晴らしい作品となった。過去にはIs It Balearic?やPleasure Unitからのリリースがある事からも分かる通り、Morrisの音楽性は大きな括りで言えばカラフルな色彩感覚を持つ穏やかなバレアリックになるのだが、本作にはダンスからリスニングまで豊かな感情性や深い情緒性によって心に訴えかける音楽性がある。ホタルの島と題された"Firefly Island"は微かな虫の鳴き声や波の音などフィールド・レコーディングも用いる事で自然の中の疑似空間を演出しており、緑の木々が生い茂り生命が宿る大地に降り立ったような神秘的なニューエイジでアルバムは開始する。続くPrivate Agendaをフィーチャーした"Perfume"は聖なる歌と繊細ながらも優雅でフォーキーな響きのダウンテンポで、甘く切ない10ccの歌が脳裏に浮かんでくるようだ。と思えばイタロ・ハウス風なカモメの鳴き声、そしてレトロなリズムマシンのベースやドラムがシカゴ・ハウスを思い起こさせる"A Dance With Jupiter"は、美しく透明感のあるシンセの旋律からトリッピーで明るいアシッド・サウンドも加わって、実に爽快感かつエモーショナルな空気を纏った古典的なハウスを踏襲している。その一方で湿り気のあるドラムや重いベース、遠くまでヌメッと響くダブ音響が効いた"Echo Station"ではダブやレゲエに取り組んでいるが、優雅なピアノやコズミックなシンセを用いて、アルバムから浮かないようにしっとりメロウな一片となっている。そしてまたも鳥の囀りに土着的なパーカッションを合わせ、幻想的なパッドやキラキラしたシンセを重ねた"Celestial Plantation"は、リズムがもし入っていれば90年代のアンビエント・ハウスかと思うような作風で、温かい太陽の光が降り注ぐリラックスした楽園的なムードは海辺のリゾート地か桃源郷か。また、やや毒々しいうねるアシッド・ベースを用いた"Acid Safari"は力強いパーカッションの鳴りが深い密林を思い起こさせ、アシッド・ハウスとトライバルの融合した切ないダウンテンポで面白い作風だ。曲毎に多彩な音楽性による個性があり実にバラエティーに富んだアルバムなのだが、しかし全体を包括する雰囲気は間違いなく楽園ムードのバレアリックで、爽快感あるダンスからしっとりスローモーなリスニングまでどれも抑圧とは無縁のリラックスした多幸感に満たされている。International FeelやHell Yeah周辺の音楽が好きな人にとっては、これ以上にドンピシャなアルバムはなかなか無いだろう。



Check Joe Morris
| HOUSE14 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする