CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Iury Lech - Otra Rumorosa Superficie (Utopia Records:UTO 001) | main | John Beltran - The EP's & Singles Vol.1 (Blue Arts Music:BAMCD007) >>
Unknown Mobile - Daucile Moon (Pacific Rhythm:PR008)
Unknown Mobile - Daucile Moon
Amazonで詳しく見る(MP3)

2019年もアンビエントやバレアリックの名作に恵まれた一年ではあったが、そんな中でも新世代として頭角を現し一際輝いていた作品が、カナダはモントリオールのミュージシャンであるLevi BruceことUnknown Mobileの2ndアルバムである本作。2015年頃からYoung AdultsやASL Singles Clubといったレーベルから、フィールド・レコーディングに電子とアコースティックを同居させた長閑な田園風景が浮かび上がるチルアウト的なアンビエント作をリリースしていたが、本作ではより平穏な世界観を目指すべく同じジャンルでは人気を博すCFCFによるギターも導入し、より一層チルアウトとしての癒やしの効果が高まっている。なんでも4年前に足の指を骨折して療養中にサーバに残っていたMIDIサンプルを収集し、それらをコンピュータに取り組んで制作していったアナログとハイブリッドの作品との事で、それもあってか何だか懐かしく素朴な響きもアンビエント性との親和性が良いのだろうか。柔らかく深い残響の太鼓が古代の秘境めいた森林を換気させる"Medicine Man"、笛らしき音色などの有機的な響きもあって生命の営みを感じさせるトライバルなアンビエントで始まり、蠢くような不気味なシンセのシーケンスに光沢感のある上モノを被せて神妙な瞑想へと誘う"Ravers Sojourn"とここら辺から既に深遠なチルアウト感覚は漂っているが、やはり本作のキモは"A Windles March Ouest"のような曲だろう。プリミティブなシンセの反復に合わせて生っぽいベースがじっくりと展開しつつ、そこにCFCFによる線が細くも叙情的なギターや鳥の囀り等が入ってくるスピリチュアルな世界観は、モダンなニューエイジとして鮮烈だ。"Simone Can't Swim"のようにベルが鳴りつつ細かな電子的な効果音を盛り込み、そして終始どんよりとした不鮮明なアンビエンスに覆われる曲も、内なる心を見つめさせる瞑想効果が高く鎮静作用がある。しかしやはりアルバムでは"Oenology"や"Copper Bird Bath'"などCFCFの爽快感と切なさを誘う繊細なギターを起用した曲が特に印象的で、波や鳥の囀りの音などのフィールド・レコーディングやぼんやりとして温かみのあるシンセのパッドの伸びも用いて、例えば黄昏時のオレンジ色に染まったビーチを眺めるようなサウンド・スケープが切なく迫りくる。アンビエントやニューエイジにバレアリックといった要素が一つなり、体の隅々まで清純な水が染み渡るような癒やしの音楽は、この上なく叙情的で忙しない現在の生活から心を解放する。2019年のベスト作品に挙げたくもあった素晴らしいアルバムだ。



Check Unknown Mobile
| TECHNO14 | 16:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 16:00 | - | - | |

コメント
コメントする