CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jonny Nash / Suzanne Kraft - Framed Space : Selected Works 2014 - 2017 (Melody As Truth:MAT12) | main | Ken Ishii - Mobius Strip (U/M/A/A:UMA-9130~9132) >>
Gonno & Nick Hoppner - Lost (Ostgut Ton:O-TON 124)
Gonno & Nick Hoppner - Lost
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2016年の初コラボレーション作である『Fantastic Planet』(過去レビュー)で互いの魅力を損なわずに相乗効果として作用させ、最高の相性を見せたGonnoとNick Hoppner。コラボレーションという行為が時として単に注目を集めるだけ企画となり、期待外れの結果となる事は少なくないが、彼等があれから3年を経て再度のコラボレーションを果たす事は当然それだけの充実した手応えを感じていたに違いない。前作ではハードウェアを用いた素朴な質感でディープ・ハウスにブレイク・ビーツやバレアリックといった要素を曲毎に表現し、かつDJツールの機能性も意識した上でメロディアスな彼等の特徴を活かした曲調で、二人の融合が確かに感じられていた。そして新作も大きな路線変更は無いのだが、しかし12分にも及ぶ"Bangalore"は特にダンストラックとして眼を見張る素晴らしい曲だ。長い尺の中で色々な展開があるのだが、始まりはテケテケとしパーカッションが鳴る中にぼんやりとした鐘のような音が瞑想的で、少しずつ美しいシンセのレイヤーとダビーな電子音響が現れてくるとキックも4つ打ちを刻み始めて、疾走感を得たダンストラックの構成へと遷移する。コズミックなメロディーが叙情性を発しつつも、重層的なフレーズが奥深さと複雑さとなり、色々な時間帯で予測不可能な構成変化を見せてドラマティックに盛り上がっていく。削ぎ落とすのではなく逆に様々な音が付け加えられ華麗に装飾されていくような曲は、だからといってけばけばしくなるのではなく綺麗さを保ち、終盤では微かにアシッド・サウンドもトリッピーな効果音として用いられて、12分にも渡るこの曲は鬱蒼とした闇を振り払うかのような希望を掴むような世界観がある。B面の2曲の方はより前作の路線に近いだろうか、ねっとりとしたブレイク・ビーツ風のダウンビートの"Love Lost"は浮遊感のあるシンセコードにヒプノティックなメロディーを掛け合わせてディープかつサイケデリックな音像を生み出して、ゆっくりとしたテンポだからこそじわじわと深く沈み込んでいくようだ。対して"Start Trying"はアップテンポで意気揚々と跳ねるリズム感で、そこに美しく透明感のあるシンセを伸ばして飛翔するような浮遊感を得るテックハウス調の曲で、輝かしい光に包まれ如くポジティブなダンスフロアの空気が封入されている。どれも前作以上にフロアを意識しながらも、GonnoとHoppnerのメロディアスな旋律やリズムの豊かさが発揮されたテクノ/ハウスで、期待に応えてくれた素晴らしいEP。この流れで是非ともアルバムもと欲張りな期待を抱いてしまう。



Check Gonno & Nick Hoppner
| TECHNO14 | 20:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする