CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Planetary Assault Systems - Plantae (Ostgut Ton:o-ton123) | main | Jazz N Palms - Jazz N Palms 01 (Jazz N Palms:JNP01) >>
Kaito - Nokton (Cosmic Signature:CSCD1001)
Kaito - Nokton
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2019年4月、突如としてHiroshi Watanabeがbandcamp上でKaito名義による『Nokton Vol.1』を発表した。2013年の4枚目のアルバムである『Until The End Of Time』(過去レビュー)以降、Kaitoの目立った活動はなかったのだが、見えない所でギタリストやベーシストをフィーチャーしたKaitoの本来は5枚目となるアルバムは制作中とは伺っていたので、スケジュールとは異なり『Nokton Vol.1』が配信された時にはやや驚きもあった。実はその予定されたアルバム制作中にある大きな出来事が発生した事で制作を止める事となり、しかし再度歩みを始めるべく新たに取り掛かって生まれたのが前述の『Nokton Vol.1』であり、それを更に展開しアルバムとして纏めたのがこのCDである。夜の風景、夜のドライブをイメージしたという本作は、基本的にはYAMAHA reface CSというシンセにフィルターを施しながらシンプルに制作されているそうで、今までのダンスの前提があるテクノという音楽や何度も構成を積み重ねるよう作られた曲調とも異なり、飾り気がなくある意味では非常に泥臭い本作はより一層喜怒哀楽という感情が渦巻く衝動的な音楽になっている。全編ビートレスでほぼ前述のシンセのループとインプロビゼーションによる手弾きで構成されていると思われるが、逆に一つの楽器を舐め尽くすようにいじり倒した事でWatanabe氏の激情が溢れ出る作品となったのだ。冒頭の"The NeverEnding Dream"から既に激しい慟哭をあげるようにトランス感にも近いシンセが唸りを上げて、活を入れ衝動に突き動かされるように脈動するシンセが歌っている。続く"Passing Through Darkness"は例えばkaitoのビートレス・アルバムにも見受けられるように、しんみりと切ない気持ちを投影したシンセが淡い水彩画を描くように広がり、前述の激しさとは逆に心の平穏を誘うように優しさに包み込む。一方で"Follow Me"は比較的整然とした流れのあるコード展開のループを用いているが、そこに悲しみにも近いシンセの装飾を重ねて、穏やかさを保ちながらも自己の内面へ意識を向けさせる深さがある。全体的にはやや内向的な印象の強いアルバムだが、"Become You Yourself"はそんな中でも喜びに満ち溢れて外へ外へと飛び出していこうとするポジティブな心情が感じられ、澄み切った青空の下でシンセが喜々として踊っているような、いやもしリズムが入っていれば以前の情熱的なテクノを体現するKaitoそのものだ。全てがビートレスという構成なので昨今の流行りのアンビエント・スタイルと予想する人もいるかもしれないが、全くそんな事はないどころか表面的にリズムは無くとも強いうねりのような躍動は感じられ、寧ろ込められた感情が魂の源泉からどくどくと溢れ出す如く非常に熱量の高い作風は、以前にも増してマシンソウルを体現している。今までのダンスの枠組みに沿ったKaitoのアルバムから一歩踏み出して、やりたいようにやった本作は丸裸のKaitoであり、だからこそ一層Watanabe氏に潜む感情性が実直に感じられるのだ。



Check Hiroshi Watanabe
| TECHNO15 | 17:30 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 17:30 | - | - | |

コメント
コメントする