CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Land Of Light - The World Lies Breathing (Melody As Truth:MAT14) | main | A Vision of Panorama - Sentimental Coast EP (Cala Tarida Musica:CTM001V) >>
CFCF - Liquid Colours (Plancha:ARTPL-110)
CFCF - Liquid Colours
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2019年7月にリリースされた本作は紹介が遅れてしまったものの、その年のベストの一枚に挙げられてもおかしくはない名作だ。ジャンル的に言えばニューエイジ、つまり再評価著しい音楽であり流行の一つとしても注目されるのも当然だが、そこに留まらずにジャングルやドラムンベースも咀嚼する事でかつてのノスタルジーを獲得している。アルバムを制作したのはカナダはモントリオールのMichael SilverことCFCFで、Visible Cloaksの作品でも話題となったRvng Intl.やニューエイジ含め幅広い音楽性を持つ1080pからのリリースがあり、そして2016年にはかのInternational Feelから『On Vacation』(過去レビュー)をリリースし、長閑な田舎風景が広がるようなバレアリックなアルバムによって注目を集める事となった。テクノやハウスにアンビエントやニューエイジと手掛ける音楽の幅は広いのと同時に、予てからCFCFの音楽には大衆性というかポップな感覚は備わっていたが、本作について本人曰く「企業化されたポップなジャングルに興味を持っている」とも述べており、今までの作品と比べても随分と商業的な雰囲気が強くなっている。マリンバ風の打楽器が柔らかく広がり微睡んだアンビエンスを展開しつつ、巻き込んでいくようなしなやかなジャングルのリズムが疾走する"Re-Utopia"で始まり、同じ高速かつしなやかなリズム感に牧歌的なシンセが彩っていく"Green District"、そしてリズムは鋭角的になりつつも透明度の高いシンセが湧き水のように溢れ出す"Retail Commune"と、序盤からミックスCDのようにシームレスな構成を活かして綺麗な清流が勢いよく下流へと流れていくような疾走感とカラフルながらも高い透明度は随分とポップだ。終盤はサウダージ的な味わいのあるアコギを活かした南国風ドラムンな"Oxygen Lounge"、エレガントに舞うようなシンセと高速ブレイクビーツを用いたアートコア系の"Blobject of Desire"、そしてアコギの透明感溢れ穏やかな響きに癒やされる"Subdivisions"など、少しずつ終わりに向かってドラマティックに盛り上がっていく構成だ。便宜上15曲に分かれているが40分一曲と捉えられるポップなトーンの統一感、そして軽快なリズム感を保ちつつ山あり谷ありで駆け抜けるスピード感、一般的に想像するニューエイジからは掛け離れておりそこにスピリチュアル性は皆無だ。何でもプレスリリースによれば「超商業的。無印良品で鳴っているようなBGM」との事で、前述の自然志向な『On Vacation』とは真逆の人工的でキッチュな世界観は都会的に洗練されており、ダンスフロアに接近した興奮はありながらも汗臭さや熱狂とは無縁の快適なダンス・ミュージックだ。勿論リスニングとして日常の生活の中でBGMとして鳴っていても違和感はなく、疲れの溜まった心を洗うニューエイジ・ジャングルとして作用する。



Check CFCF
| TECHNO15 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする