CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Various - The First Circle (Neroli:NERO 050) | main | Susumu Yokota - Cloud Hidden (Lo Recordings:Lo166CD) >>
As One - Communion (De:tuned:ASG/DE029)
As One - Communion
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
なんと2006年の前作から13年ぶりとなる本アルバムをリリースしたAs One。UK屈指のデトロイト・テクノ信仰者であり、そしてジャズやフュージョンへの造詣も深く、エレクトロニクスとアコースティックを匠に操るKirk Degiorgioが抱える多くのプロジェクトの内の一つでるAs Oneは、90年代初頭のベッドルームに電脳世界を創出するようなインテリジェンス・テクノの代表格だ。事実彼の初期活動においてはB12やPlanet Eからのリリースもあり、正にダンスに依存せずに知的さを感じさせる未来的なテクノ・ソウルがAs Oneの個性であった。本作のリリース元であるDe:tunedは2019年の間はそういった90年代の音楽の名作を10枚の『DE』シリーズで復刻していたのだが、復刻だけに飽き足らずにまさかAs Oneにインテリジェンス・テクノの最新系を表現する場を用意したのだから感心せずにはいられない。As One自体は実は2000年前後においてはブロークン・ビーツやジャズのオーガニック路線へ傾倒していたものの、しかしこの最新作は90年代初頭のファンが最も好むであろうエレクトリック・ソウル路線のテクノを表現しており、特にデトロイト・テクノの影響大なクラシカルなコード展開やシンセサウンドがそこかしこに存在している。始まりの"Absorption Spectra"はまるでオーケストラのような重厚感と華やかさがあるシンセと繊細な電子音が揺らめき、ビートレスな構成もあってアンビエント的だが、SF感のある未来的な感覚がインテリジェンス・テクノと呼ばれる所以だろう。続く"Downburst"は力強く弾けるベースと複雑なブレイク・ビーツに拘りのあるテクノだが、次第に幽玄なパッドも加わると途端に叙情性に包まれて、宇宙空間を遊泳するような感覚に陥る。柔らかくしなやかなビート感に望郷への思いが馳せるようなデトロイト系のパッドを重ねて、慎ましい思慮深いテクノの"Irimias"、そして動きの多い重層的なシンセのメロディーと有機的なブロークン・ビーツを合わせてジャジーな"The Ladder"など、正に初期As Oneの音楽性そのものな曲もある。"Aimpoint"も特に過去のAs Oneの最良の瞬間を思い起こさせる曲で、ジャズの要素もある変則的なリズムに幻夢のように惑わせる浮遊感あるシンセは深いインナートリップを体験させ、強迫的なダンス・グルーヴで踊らせるのではなく想像力を刺激するような瞑想音楽的だ。これらはそれまでのダンスフロアに依存した強烈なグルーヴではなく、4つ打ちを逸脱した自由なリズムと情緒豊かに揺らめくような上モノを用いたテクノで、ダンスとしてではなく電子音楽の無限の可能性を広げる事に寄与している。アルバムの最後も1曲目と同様にビートレスな"Emanation"で、美しいシンセストリングスを軸に夢幻の電子音響で儚さを演出しながら静かにその世界を閉じていき、アルバムの構成/流れも見事でAs Oneの中でも最高傑作と呼んでも過言ではない程だ。激しくタフなツール特化型のテクノが猛威を奮う現在において、再びインテリジェンス・テクノが注目を集めるかどうかはさておき、流行り廃りとは無縁の深遠なる世界が広がる本作はタイムレスだ。



Check Kirk Degiorgio
| TECHNO15 | 17:30 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 17:30 | - | - | |

コメント
コメントする