CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Susumu Yokota - Cloud Hidden (Lo Recordings:Lo166CD) | main | Various - Claremont Editions One (Claremont 56:C56CD022) >>
Pacific Breeze Japanese City Pop, AOR & Boogie 1976-1986 (Light In The Attic:LITA 163)
Pacific Breeze Japanese City Pop, AOR & Boogie 1976-1986
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
近年日本のジャパニーズ・アンビエント/ニューエイジの掘り起こしの勢いには目を見張るものがあるが、その代表的なコンピレーションである『Kankyō Ongaku (Japanese Ambient, & New Age Music 1980 - 1990)』(過去レビュー)を手掛けたUSのLight In The Atticは、それ以前にも例えば細野晴臣の複数のアルバムを復刻しており日本の音楽に興味を持っていた事は間違いないだろう。そんなレーベルが続いて送り出したシリーズは、日本のシティ・ポップやAORとブギーに焦点を当てた「Pacific Breeze」シリーズ。その第一弾となる本作は1976〜1986年に制作された日本産の音楽で、細野晴臣、大貫妙子、吉田美奈子、高橋幸宏、鈴木茂、高中正義、井上鑑、佐藤博、松任谷正隆、F.O.E.、石川鷹彦、惣領智子、佐藤奈々子、小林泉美、阿川泰子、当山ひとみ、豊島たづみの曲がコンパイルされている。ジャケットを担当したのは大滝詠一の『A Long Vacation』のアルバムカバーも手掛けた永井博で、バックに澄んだ青々しい空が広がるリゾート地のような絵も完全にシティ・ポップの雰囲気そのもので、聞く前の雰囲気作りからして完璧だ。しかし何故、今更日本のシティ・ポップやAORなのか。暗くどんよりしたムードと閉塞感が続く世の中で、キラキラとしたクリスタルな感覚を持つポップな音楽がそういった暗雲を少しでも振り払ってくれるからだろうか。そんな仮定を抜きにしてもこの古き良き時代の日本の音楽は、海外の音楽を咀嚼しながら当時まだ新しかった電子楽器と生演奏を匠に融合させ、お洒落で日本独特のポップな感覚に昇華しており、実は時代が移り変わろうとも色褪せない普遍的な魅力を持っていたのだ。佐藤のヴォコーダーを用いた歌に爽やかなギターカッティング、そしてブレイクでのフュージョン的な鍵盤ソロなど都会的で洗練された音を聞かせる"Say Goodbye"、そして甘ったるくもきざな歌と煌めきを感じさせるシンセが魅力的な高橋の"Drip Dry Eyes"等は『Pacific Breeze』の雰囲気に最適でシティ・ポップの魅力を実直に伝えてくる。しかし本盤を聴き通してみるとシティ・ポップと一口で言っても多様な要素が存在しているのが分かり、スティール・パンの乾いた音が可愛らしく腰に来るリズム感がファンキーな高中の"Bamboo Vender"はラテン・ジャズ・ファンクだし、電子音とパーカッションも用いてエレクトロ的なリズムを叩き出すF.O.E.の"In My Jungle"は土着ファンクで、阿川の艷やかで夜のアダルトな空気が滲む"L.A. Night"はアーバン・ソウル、小林のトロピカルやファンクも咀嚼した"コーヒー・ルンバ"のエキゾチック感と、海外からの時流の音を貪欲に取り込みながら日本の都会的な音として表現している。またこのコンピレーションでは女性アーティストの曲が多い事も印象的で、情緒たっぷりで切ないディスコ・クラシックである吉田の"Midnight Driver"からゴージャスな音使いと魂が叫ぶような和製ソウルな豊島の"待ちぼうけ"、フルートの朗らかな音色に引かれてブラジリアン風なリズムが爽快でポップな大貫の"くすりをたくさん"等、特に女性の声がこのジャンルに合っているように感じられる。電子楽器やエキゾチカも取り込むなど先鋭的な感覚を持っていたこれらの音楽は、そしてネオンライトに溢れる都会的なキラキラした輝きもあり、非常に時代性の強い音楽であり懐古的な気分になる事は否めない。しかし、その魅力は普遍的なものだからこそ現在に於いて再度評価されるのだろう。ああ、何だか懐かしいクリスタルな日々が目の前に浮かび上がってくるようだ。



Tracklistは続きで。
01. Tomoko Soryo - I Say Who
02. Taeko Ohnuki - Kusuri Wo Takusan
03. Minako Yoshida - Midnight Driver
04. Nanako Sato - Subterranean Futari Bocci
05. Haruomi Hosono - Sports Men
06. Izumi Kobayashi - Coffee Rumba
07. F.O.E. - In My Jungle
08. Akira Inoue, Hiroshi Sato, Masataka Matsutoya - Sun Bathing
09. Hiroshi Sato - Say Goodbye
10. Yukihiro Takahashi - Drip Dry Eyes
11. Masayoshi Takanaka - Bamboo Vender
12. Shigeru Suzuki - Lady Pink Panther
13. Haruomi Hosono, Takahiko Ishikawa, Masataka Matsutoya - Mykonos No Hanayome
14. Yasuko Agawa - L.A. Night
15. Hitomi Tohyama - Exotic Yokogao
16. Tazumi Toyoshima - Machibouke
| ETC5 | 12:00 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする