<< Riow Arai - Beat Bracelet (soup-disk:soup015CD) | main | 2006/02/11 SVEN VATH IN THE MIX - THE SOUND OF THE SIXTH SEASON WORLD TOUR @ Womb >>
James Holden - Balance 005 (EQ [Grey]:EQGCD008)
James Holden-Balance 005
Amazonで詳しく見る

正直今までこのMIXCDを聴いてなかった事を後悔、罪深き事をしました。今となってはテクノ方面でも一躍有名となったプログレッシブハウスの若き天才、James Holden。「Dinamo」の大ヒットも記憶に残るNathan Fakeらを擁するBorder Communityレーベルを主宰し、プログレッシブハウス方面のみならずテクノやハウス方面からも注目を浴び現在も人気は鰻登りなHolden。一年位まえからウェブ上ではHoldenは凄い、やばいと言うコメントは見つけていたものの、僕自身がプレグレッシブハウスは殆ど聴かない為ずっと無視していました。しか〜し、友人宅でこのMIXCDを聴かせてもらった時には衝撃が走りました。こんな驚きは久しぶりだったのかもしれません。プログレッシブハウスと聞いていた音は、実はそうではなく比較的テクノよりで、でもトランスもプログレッシブハウスもエレクトロも取り入れられて最高に陶酔感のある音楽だったのです。最近はジャンルの垣根が低くなりハウスのテクノ化、ミニマルのクリック化などが起きていますが、プログレッシブハウスのテクノ化も進んでいるようです。そしてHoldenの音は僕がそれまで体験したプログレッシブハウスの音とは一線を画し、脳味噌トロトロぐちゃんぐちゃんのメルトダウンを起こすようなやばい陶酔をもたらし、アシッド注入しまくりでドラッギーなサイケデリック感がありました。ことMIXCDの2枚目の方に関しては、相当にトランシーで憂いのある上物が神経を麻痺させたり、アシッドぶりぶりなベースがトリップを誘発し、聴き終わる頃にはもうよだれ垂れまくりの逝った世界に引き込まれている事でしょう。2枚組と言う事で緩いテッキーな流れからアッパーな盛り上がるピークまで、山あり谷ありの盛り上がりを感じられるプレイが存分に収録されています。ドラマチックに幻想的に、そして危険な世界を体験出来るこのプレイは本物です。3月には新しいMIXCDが出るし、4月21日にはWOMBに来日します。今から首を長くして待っておけ!

試聴

Check "James Holden"

Tracklistは続きで。
CD 1
01. The MFA – The Difference It Makes (Original Mix)
02. Meta.83 – Metalgroove ep:Antrieb
03. Jake Fairley – Oshawa
04. Zeta Reticula – Tool 1
05. Petter – All Together
06. Baby Ford & The Ifach Collective – Bad Friday
07. Zeta Reticula – Tool 3
08. Avus – Real
09. DJ ESP – No Future ep:No Future (Soundburnt mix)
10. Jase From Outta Space featuring Claire – Do What You Want (Infusion’s Sky mix)
11. Nathan Fake – Outhouse (Fluffy mix)
12. Nathan Fake – Outhouse (Original Mix)
13. FortDax – Fortune Telling Fish, Curled to Suggest ‘Home’
14. PQM – You Are Sleeping (PQM meets Luke Chable Vocal pass)
15. Petter – These Days (Instrumental)**
16. Herrmann & Klein – Leaving You Behind (Without Knowing Where To Go)
** Includes Beats of Baby Ford & The Ifach Collective – Bad Friday

CD 2
01. Meek – Happy
02. Meerkat – Colours (JH re-edit)
03. Avus – Your Body (Original Mix)
04. Scape One – PFX Tokyo
05. FC Kahuna – Hayling (Kosmas Epilson mix)
06. Holden – The Wheel (Pass 1)
07. Kotai + Mo – Black Acid pt 1
08. Epsilon 9 – Lifeformation (Infimal Machine mix)
09. Carl A Finlow – Ghetto Server
10. Gill Norris – Forme
11. Ficta – Eli
12. Petter – Tonediary
13. Form & Function – Wonderland (Original Mix)
14. Meta.83 – Metalgroove ep:End Titles
| TECHNO3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/519
トラックバック
James Holden / Balance 005 (2003)
2枚組みMix CD。1枚目はプログレッシブハウスを基調に、エレクトロ等の他ジャンルの要素を巧みに混ぜているが、全体的にダークな音源が中心。自分的には、どんな方...
| Nove-lyze | 2006/02/12 12:10 AM |