CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2006/02/11 SVEN VATH IN THE MIX - THE SOUND OF THE SIXTH SEASON WORLD TOUR @ Womb | main | OUTERLIMITS Inc. presents DJ KeNsEi in OM-Lette Dub (KSR:XAOM-0002) >>
Joe Claussell - Translate (NRK Sound Division:NRKCD023X)
Joe Claussell-Translate
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
発売される前からテクノ化テクノ化なんて宣伝されて、Francois Kに続いてお前もかと勘ぐってしまいましたが、蓋を開けると結構ハウシーじゃないですか。ニューヨークにおいてスピリチュアルハウスシーンを爆発させた張本人・Joe Claussellですが、最近のハウス全体がなんとなく進歩が無いと言うか余り元気がないように思え、彼も過渡期を迎えているのかもしれないですね。で最初に結構ハウシーだねと書いたけれど、今作は今までのジョーファンにはやっぱり身構えてしまう所があるかもしれないです。所謂アフロでトライバル、スピリチュアルなディープハウスではないのです。ハウスではあるけれど、紡がれるようにスムースな展開や一般的なハウスの温かみってのはありません。ハウスにある流れる様な展開よりも、チャプターごとに分けたような選曲と構成がまるで映画のサントラの様です。トラックリストは13曲の表記ですが、実際にはSEやインタールードを交え49曲も収録されているのです。今作に感じたのは、コズミック!そう、もっと広い世界が目の前に広がり、心は大地を離れ宇宙の中に放り出されてしまいます。例え一般的なハウスビートが無くても、全てを包括する柔軟でしなやかなそのプレイはエモーショナルの一言。ファンの期待を裏切るかもしれない新たな取り組みですが、美しく深い世界観と野心に満ち溢れるその前向きなプレイは成功だと思います。

試聴

Check "Joe Claussell"

Tracklistは続きで。
01.Jeff Mills / Human Tracking Device
02.Slam Mode / Umri (Pacifica)
03.Carl Craig / Sandstorm
04.Altom Miller / Clouds Are Gone (Henrik Schwarz Mix)
05.Virgo Four / In A Vision
06.Francis Englehardt / Without A Warning
07.Mental Remedy / Eno (Demo)
08.Âme / Rej
09.Jeff Mills / Now Is The Time
10.YMC / Nu Vibrations
11.Soul Dharma / Flower (Scuba Underwater Garden)
12.Awade Sapporo aka Zephyrus / Zephrus (Porthoule)
13.Vince Watson / Mystical Rhythms
| HOUSE2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
こいつは傑作ですねー。
3月の来日は行こうと思ってます。
| taken | 2006/02/17 1:08 AM |
>takenさん
まだ生プレイは未経験ですけど、きっと生だと
完全にスピリチュアル系なんでしょうね。
それはそれで素晴らしそうです。
| マチュ | 2006/02/17 11:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/521
トラックバック