CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Sigur Ros - ( ) (FatCat Records:FATCD22) | main | Joyride (Village Again:VIA-0026) >>
Little Big Bee - Waterman (Flower Records:FLRC-043)
Little Big Bee-Waterman
Amazonで詳しく見る

純国産のハウスはなかなか売れないらしい。そんな話が、ライナーノーツにレコードバイヤーとしての見方で葛藤と共に書いてあった。確かにハウスと言えばやはりUS産やUK産が多く、僕も実際に海外のアーティストをよく聴いている。しかしここに純国産の素晴らしいハウス作品が届いた。Flower Recordsを主宰する高宮永徹率いるLittle Big Beeの1stアルバムだ。レーベルの紹介では「極東の音職人が放つ享楽的なエレクトリック・ソウルミュージック」との事。コンセプトや理論を掲げる作品も多い中、徹底的に気持ち良さを先行した快楽的なハウス。本能に直接作用するその享楽的な音楽は、ハウスの心地良さそのもの。どこかでも透き通る純水の様な透明感は、突き抜ける爽やかさや清涼感があり、体の隅々まで染み渡り身も心も透明にしてくれる。水の上をぷかぷかと漂流する様な浮遊感のある曲や、水しぶきが弾ける様にパッション溢れる曲、激流の荒々しさを帯びたアップテンポな曲があり、「Waterman」と言うタイトルが相応しい気がしてきた。US産の真っ黒なもソウルも無くUK産の小洒落たセンスも無く、しかしここには日本が誇る綺麗なハウスがある。考える事は必要なく、身を任せられる享楽的なハウスがある。

試聴

Check "Little Big Bee"
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CD: Little Big Bee / Waterman
Waterman Little Big Bee先日、“Flower Records”の10周年記念イベントがあってオオトリを飾ったわけだが、おいら行ったのに待てずに帰っちゃった。。。 でも、須永さんの「World Standard.05」にコンパイルしてあった"K.G.O."は、大のお気に入り!極東の音職人が放
| [K]こあら日記 | 2006/02/27 2:35 AM |