CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Mogwai - Mr. Beast (PIAS Recordings:PIASX062CDLTD) | main | John Digweed - Fabric 20 (Fabric Records:FABRIC39) >>
Global Communication - Fabric 26 (Fabric Records:FABRIC51)
Global Communication-Fabric 26
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
90年代においてアンビエントテクノは時代を謳歌し、確実に最良の瞬間がありました。その当時活躍していたのはThe OrbやKLF、The Irresistible Force、そしてこのGlobal Communication(以下GC)で、彼らこそアンビエントテクノの代表者と言っても過言ではないでしょう。GCはTroublemanとしても活躍するMark PritchardとTom Middletonから成るユニットなのですが、近年は全く活動をしてなかったので解散したと思っていました。ところがなんとFabricシリーズにGC名義で参加が決まってびっくりです。もちろんMarkとTomの二人によるミックスではありますが、更にびっくりなのは全然アンビエントテクノでは無い事。Tomは元々クロスオーヴァーなプレイをするのを聴いていたので違和感は無いのですが、GC名義でもダウンテンポ、トリップホップ、テクノ、ハウスとごちゃまぜでこれはGCファンには確実に物議を醸し出すプレイかもしれません。しかし個人的には序盤のダウンテンポでけだるいスモーカーズサウンドから、徐々にジャジーでスイングする展開になり、盛り上げ気味にテックハウスのクールな4つ打ちに移行する流れが素晴らしかったです。前半のダウンテンポには最初は戸惑うかもしれませんが、後半への布石と考えるとこれはこれで良いのかなと。後半はやはりテクノのユニットらしく、エレクトロニックな洗練された音でまとめて良い感じで締めましたね。またFabricシリーズに名作が加わりました。全編アンビエントなプレイも聴いてみたいと言う欲望もありますが、それはまたいつか。

試聴

Check "Global Communication"

Tracklistは続きで。
1 Mark Pritchard / The Return Of The Returner (Intro)
2 Dabrye / No Child Of God (Instrumental)
3 Waajeed / Starz
4 Tableek / Serene Vision
5 Steve Spacek / I'm Glad
6 Harmonic 313 / Arc Lighit (Version One)
7 Maspyke / Lightly Anxious
8 Danny Breaks / The Octpus (Intergalatic Starfighter)
9 Med Ft. Dudley Perkins / Now U Know
10 Trickski / Sunshine Fu*k Part 1
11 Genre / Too
12 Jeremy Ellis / 86 (Verbs)
13 Kirk Degiorgio Presents As One / Rumours
14 Motorcitysoul / Aura
15 Solid Groove / Flookin'
16 Audiomontage / Vision 2 Vision
17 Vince Watson / The Way It's Meant To Be
18 Shur-I-Kan / Living Inside
19 Soul Mekanik / Robots 3
20 Artec / Sweet Music
21 Balil / Flux
22 Tom Middleton Presents Amba / Margherita
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
これ二人一緒のグロコミュ名義では久々の作品ですよね〜
トラックリストを見る限りかつてのアンビエント路線ではないなーと
思って買うのはやめようかと考えてたんですがマチュさんのレビュー見てたら欲しくなってきました・・・w
うーーんどうしよう。。。
オリジナルアルバムなんて待ってても出そうにないしな〜w
(これがオリジナル・アルバムの布石だとしたら嬉しいですけど)
| kinya | 2006/03/04 11:44 AM |
>kinyaさん
そうですね〜、アンビエントテクノを期待しちゃうと
ダメかもしれないです。
テクノ一色って訳ではないですし多少地味ですけれど、
心地良いBGMにはなると思います。
| マチュ | 2006/03/04 10:19 PM |
地味に1年以上、遠くの方から閲覧させてもらってます。
ジズーと言います。

ハウスに興味を持って、本格的に音探しをしてる時にたまたま来させてもらってから今まで、本当にたくさんの情報をいただいてます。
音に詳しい人の好みやレビューを知るのは本当に愉しいですよね。


GCは『Remotion』を紹介されている時に知って、本当にとろけてしまったのですが、最近このファブリックシリーズを入手し、震えております。
「もしかして…」と思って検索かけたらやっぱりちゃんとタイムリーに紹介されておりました(笑)
序盤〜中盤の流れが美しすぎますね。
続けて他のファブリックシリーズも良く聴いているのですが、う〜んこれが頭一つ抜けてると思ってます。


これからも楽しく読ませてください。
ありがとうございます。
| ジズー | 2006/10/05 5:37 PM |
>ジズーさん
はじめまして、ジズーさん。
ハウスでこのブログに来て下さったのですね。
最近はハウスレビューが少なくて申し訳ございません。

Fabricシリーズはテクノもハウスもドラムンやブレイクビーツまであって、本当に品揃えが良いですね。
もちろんGCのこのMIXCDも正にグローバルな出来で素晴らしいです。

温かいコメントどうもありがとうございました。
これを糧にして更新に励みたいと思います。
| マチュ | 2006/10/06 10:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/535
トラックバック