<< LTJ Bukem Presents Logical Progression (FFRR:35040-2) | main | Technasia - Popsoda (Technasia:TA104CD) >>
Belle & Sebastian - Late Night Tales (Azuli Records:ALNCD14)
Belle & Sebastian-Late Night Tales
Amazonで詳しく見る(UK盤1)
 Amazonで詳しく見る(UK盤2)
全然知らないアーティストでも気になってるシリーズを手掛けていたりすると、ついつい購入してしまう場合があります。今回は一応試聴した後に購入したので、安心して手に入れられましたが。Azuli Recordsが手掛ける「Late Night Tales」は、アーティストが深夜に聴く音楽をコンパイルしたシリーズ物で、まあタイトル通りに深夜の物語的なしっとり落ち着くBGMとなっています。今回このシリーズを手掛けているBelle & Sebastianは、スコットランドのグラスゴー出身のポップバンドらしいですが、彼らのオリジナル音源は未聴なので前情報は全く無し。で試聴ではなく今度は家でじっくり聴いてみましたが、やっぱり優しいBGMで良いですね。普段テクノとかハウスとか聴いていると、BGMと言うよりは音に集中してしまう傾向が強いんですよね。ただ部屋をほんわか和ませたいのであれば、こういった軽めのダウンテンポな流れの方が適しているのではないでしょうか。普段クラブミュージックばかり紹介しているので、こうゆう音楽を僕が紹介すると違和感があるかもしれませんが、百聞は一見に如かず。ポップ、ロック、サイケデリック、ヒップホップ、フォーク、R&B、エレクトロニカなどなど穏やかに心落ち着く曲を集めたこのアルバムは、寝る時に小さな音で聴くと効果がありそうです。決してボリュームは上げずに、絞った音でしっとりと聴いて頂きたいと思います。

試聴

Check "Belle & Sebastian"

Tracklistは続きで。
01. Rehash - Gratuitous Theft In The Rain
02. Jimmy And Mama Yancey - How Long Blues
03. Rjd2 - Here's What's Left
04. Lootpack - Questions
05. Demis Roussos - O My Friends You've Been Untrue To Me
06. Stereolab - French Disko
07. The Peddlers - On A Clear Day You Can See Forever
08. Butch Cassidy Sound System - Cissy Strut
09. Johnny Cash - Ring Of Fire
10. Ethiopians - Freeman
11. Elsie Mae - Do You Really Want To Rescue Me
12. Walter Jackson - It's An Uphill Climb To The Bottom
13. Mary Love - I'm In Your Hands
14. Novi Singers - Cos Specjalnego
15. Gal Costa - Lost In The Paradise
16. Paperclip People - People Make The World Go Round
17. Ramsey Lewis - Uhuru
18. Steve Miller Band - Fly Like An Eagle
19. Donovan - Get Thy Bearings
20. Mum - Green Grass Of Tunnel
21. Belle And Sebastian - Cassaco Marron
22. Eric And Mondrek Muchena - Taireva
23. Space Jam - Let Your Conscience Be Your Guidance
24. Big Star - Watch The Sunrise
25. Boston Baroque - Bedinerie From Bach's Orchestral Suite No.2 In B Min
26. Spoken Word Track - David Shrigley - When I Was A Little Girl
| ETC1 | 22:30 | comments(1) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
Virgin Atlantic後援
1/19(金)渋谷GAME、

カルト・インディ−バンド、Belle andSebastianの
デュオ、ロバート・コルバーンとボブ・キルディアがエクスクルーシブなDJセットを行う。

DJ Dribbler、DJ Polstyle and Sumireなど他のスペシャルゲストも参加。
早めにチケットをゲットしよう!
www.done-pro.com
www.belleandsebastian.com
www.tigermusic.jp
(金)スタート:20:00〜
前日チケット:3000円+1ドリンク、
当日:3500円+1ドリンク

1996にグラスコーのオールナイト・カフェで結成後、Belle and Sebastianは印象的なアルバムを次々とrリリース、今ではファン、そして他のミュージシャンからカルト的な支持を得るバンドだ。
彼らならではのフォークでポップなサウンドは、まれに「シェンバー・ポップ(室内音楽とポップを混ぜたような音)」と呼ばれたりする。何故ならば、通常のポップミュージックでは程遠いトランペット、チェロ、フルートなどを用いるからだ。

心地よいインディーサウンドとそれに共なう皮肉った詩はクリエーターの彼ら独自のものである。
ヴォーカル・キーボード・ギター担当のスチュアート・マードック、ヴォーカル・ギターのスティービー・ジャクソン、キーボードのクリス・ゲデス、ドラムのリチャード・コルバーン、ヴァイオリン・キーボード・ギター・ヴォーカルのサラ・マーチン、トランペットとベースのミック・クック、ベースとギターのボビー・キルディアである。

去年発売された7枚目のアルバム、「The Life Pursuit」は彼らのオリジナリティーと成功を象徴している。

今回来日した際、ボブ・キルディアは日本についてこう語った。「日本は僕らにとって、とても大切な場所だよ。この数年、日本に来るチャンスが何度かあって、いい友人がたくさん出来た。僕らのコンサートに来てくれる人、サポートしてくれるファン達は本当に忠実だ。こんな遠くから来ていて、顔なじみのファンを見ると嬉しくなるよね。」


Belle and Sebastian、今回、又来日してくれてありがとう。
| tiger | 2007/01/16 1:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/548
トラックバック
エレクトロニカ特集
4/1(土) Boards Of Canada、Autecher、レイハラカミ、...
| diskunion新宿中古センターblog | 2006/03/31 1:08 PM |