<< Aardvarck - Cult Copy (Rush Hour Recordings:RH103CD) | main | 2006/03/17 VADE feat. TECHNASIA @ WOMB >>
Nathan Fake - Drowning In A Sea Of Love (Border Community:10BCCD)
Nathan Fake-Drowning In A Sea Of Love
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近大型リリースが多いですね。今日紹介するこのNathan Fakeの1stアルバムも、相当なファンの方が待っていたのではないかな。現在最もシーンで注目を集めるJames Holden(過去レビュー)率いるBorder Communityのアーティストで、元々はプログレッシブハウス方面で人気を博していたものの、現在では既にシーンを飛び越えてエレクトロニックミュージックと言うシーン全体で絶賛の嵐。僕はディープミニマルな「Dinamo」の大ヒットで彼の存在を知る事になったのだが、この初のアルバムはまた全く毛色の異なる問題作とも言えるでしょう。と言うか果たして今までのプレグレッシブハウスのファンがこれを気に入るかどうか、そこら辺は否定せざるを得ないかなと。一般的にダンスミュージックと言える作品では無く、ここから感じる音は懐かしきシューゲイザーの憂い。My Bloody Valentine(過去レビュー)やMogwai(過去レビュー)が好きだと言う彼の嗜好が前面に出た淡いサイケデリックな音は、どこまでも広がって行く夢幻の世界を感じさせる。電子的でありながらオモチャでひねり出したような可愛い音、心地良いギターノイズ、なんて幻想的で儚い世界なんだろう。プログレッシブハウスファンを裏切った作品かもしれないが、内省的で自分の原点を見つめ直した作品としては良いのかもしれない。またセンチメンタルなエレクトロニカが好きな人には、素直に受け入れられるでしょう。この路線も充分に素晴らしく満足はしたので、次は「Dinamo」路線のアルバムも期待したい所です。

試聴

Check "Nathan Fake"
| ETC1 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(3) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
さきほど聞いたのですがぶったまげました。。。確かにシューゲーザーやポストロックよりでしたね。これはコレで好きですが、やっぱりイビツでブリブリなフロアトラックが聞きたいです。
| TKC | 2006/03/18 1:47 AM |
>TKCさん
ね、全然クラブ寄りの音じゃなかったですね。
こうゆうのプログレファンはどう思うんでしょう?
今が旬なんで、今後は微妙に不安です
| マチュ | 2006/03/20 11:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/551
トラックバック
エレクトロニカ特集
4/1(土) Boards Of Canada、Autecher、レイハラカミ、...
| diskunion新宿中古センターblog | 2006/03/31 1:00 PM |
[Border Community] Nathan Fake
taicoclub taicoclub出演アーティスト・レコメンド第8弾はNat...
| collabospace blog | 2006/04/28 1:28 AM |
Nathan Fake - Drowning In A Sea Of Love (Border Community/2006)
Nathan Fake - Drowning In A Sea Of Love Label: Border Community (BCCDJ001) Format: CD Released: 2006 試聴 >> Amazon.co.jp >> iTS >>Border Communityよりリリースされたエレクトロニックミュージック・
| acid over the rainbow | 2007/01/24 10:23 PM |