CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Susumu Yokota - Will (Skintone:STR-07) | main | Agoria - Blossom (Different/PIAS:DIFF2025CD) >>
Bebel Gilberto - Tanto Tempo Remixes (Ziriguiboom:ZIR10)
Bebel Gilberto-Tanto Tempo Remixes
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ボサ・ノヴァの巨人ジョアン・ジルベルトを父に、ブラジリアン・ポップ界を代表するシンガー、ミウシャ・ジルベルトを母にもつ。66年、リオ・デ・ジャネイロにて生を受ける。幼少の頃から英才教育を受け、9歳でプロの音楽家としてのキャリアをスタート。以後、両親のライヴに数多く出演しスキルを向上させていく。そして89年に、1stアルバム『ベベウ・ジルベルト』(ミニ・アルバム)を発表。ブラジル音楽界きってのサラブレッド・シンガーとして注目を浴びると同時に、天賦の才能としか言いようのないヴォーカル・ワーク――抜群のリズム感と柔らかな歌声で、大きな支持を獲得するに至った。90年代に入ると、2世アーティストとのパブリック・イメージから脱却すべく、ニューヨークへ移住。アート・リンゼイやカエターノ・ヴェローゾ、デヴィッド・バーン、坂本龍一、テイ・トウワなど、さまざまなジャンルのミュージシャンとのコラボレートを実践していく。99年には、自身初となるフル・アルバム『タント・テンポ』をリリース。伝統へのリスペクトを貫きながらも、コンテンポラリーな味わいが十分に発揮された傑作となっている。
Listen Japanより引用

Bebel Gilbertoに関して良くは知らないのですが、ブリジリアンミュージックでは名を馳せるファミリーらしいです。そして彼女が2000年にリリースしたボサノヴァの名盤として知られる「Tanto Tempo」を、名だたるクラブミュージックアーティストがリミックスした作品が本日紹介するアルバムです。Truby Trio、Chateau Flight、Ananda Project、Da Lata、Chari Chari(Kaoru Inoue)、4 Hero、King Brittが参加したとなれば当然買わずにはいられません。オリジナルは全く聴いた事が無いので比較出来ないのですが、このリミックスアルバムはジャジーなブロークンビーツを中心にまとめられて、ボサノヴァの爽やかな空気とクラブシーンの踊る欲求が自然と調和しています。有名所では、Chari Chariはパーカッションを多用しリズミカルに、4 Heroは洗練された都会派ブロークンビーツに、King Brittはしっとりと落ち着くダウンテンポに仕上げています。しかし一番気に入ったのはPeter Kruderなるアーティストのリミックスで、ムーディーに大人の夜をイメージした様なディープハウスな曲でしょうか。この他にも全体的に良質なリミックスが施されているので、上記のアーティストにピンと来た人は聴く価値は有ると思います。

試聴

Check "Bebel Gilberto"

Tracklistは続きで。
1 Bananeira (Rae and Christian Remix)
2 Sem Contençäo (Truby Trio Remix)
3 August Day Song (Chateau Flight Remix)
4 Tanto Tempo (Peter Kruder Remix)
5 Mais Feliz (Monoaural Remix)
6 So Nice (Summer Samba) (Mario Caldato Jr. Remix)
7 Alguem (Ananda Project Remix)
8 Sem Contenção (Sin Plomo Remix)
9 Close Your Eyes (Faze Action Remix)
10 August Day Song (Da Lata Remix)
11 Tanto Tempo (Chari Chari Remix)
12 Samba da Benção (4Hero Remix)
13 August Day Song (King Britt Remix)
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
Peter KruderはRichard Dorfmeisterとコンビでやってたベテランですね。Tanto TempoリミックスはLPを中古で安く買おうと思っててまだ未聴でした。思い出させてくださってありがとうございます。笑
| taken | 2006/04/06 12:46 AM |
>takenさん
おぉ、LP派なんですね。中古で見つかると良いですね。
最近は全然EPの中古とか漁らなくなっちゃったなぁ。
置き場所が減ってきて大変なんですもん
| マチュ | 2006/04/08 12:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/568
トラックバック