<< Jeff Mills - Choice - A Collection Of Classics (Azuli Records:AZCD29) | main | 2006/04/15 NAGISA MUSIC FESTIVAL @ お台場野外特設会場 >>
Stacey Pullen - DJ-KiCKS (Studio !K7:!K7049CD)
Stacey Pullen-DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る

デトロイトを代表するDJと言えばJeff Millsなのだろうけど、あれはハードミニマルスタイルであってデトロイトにはもっと色んな側面もあります。僕が秘かに気に入っているデトロイトのDJは、Derrick Mayの最後の愛弟子・Stacey Pullenです。Silent Phase名義でも活躍をして、テクノにファンキーなアフロ魂を注入しデトロイトテクノ第3世代?としても注目を浴びていました。まあしかしあんまり作品数が多くないし、一般的な知名度はそこまで高くないかもしれないです。でもこの人はDJが特に素晴らしくて(生で聴いた事ないけどね…)、以前紹介した「Fabric 14」(過去レビュー)なんか最高ですよ。滑らかに緩やかに、心地良い浮遊感と伴ったハウシーな選曲で最高にイカシテました。では今日紹介する「DJ-KiCKS」はどうかと言うと、またこれも良い感じです。こちらはモロにデトロイト色濃厚なんですが、特にリズムが切れまくってます。体を上下に揺さぶるアフリカンリズムが前面に出て、ファンキー&トライバル!そしてがつがつと攻め上げつつも、デトロイトのソウルが籠もったロマンティックなメロディーを伴った曲が後半には待ち受けています。原始的な踊る欲求を呼び覚ましデトロイトへの哀愁を思い出させるストーリーを作るプレイは、先輩のDerrick Mayに勝るとも劣らないです。一度生で聴きたいDJの一人ですわ、はい。

試聴

Check "Stacey Pullen"

Tracklistは続きで。
1. Colora - Jibaros
2. Track Relaxer - Mystic Rythem
3. Eye to Eye - Kosmic Messenger
4. Ram Bunctions - Kooky Scientist
5. Arkest's Blaze - Gerd
6. Dead Eye - Ifach 001
7. Raptures of the Deep - Wulf'n'Bear
8. We R Walking - Phume
9. Bawdy - Cristian Vogel
10. Radium - Acid Jesus
11. Try Out - Diot
12. The Death March - Kosmic Messenger
13. Cosmic Journeys - Vince Waston
14. Q - Kenny Larkin
15. I'm Tha DJ - Jr. Roy Davis
16. The Shit - Sean Deason
17. Psychotic Funk - Silent Phase
18. Say It No Longer - Daphreephunkateerz
19. Locked Groove - P. Pulsinger, Erdam Tunakan
20. Harz - Sensorama
21. R-Theme - R-Tyme
22. Theme from (It's All Gone) Pear Shaped - Digital Justice
23. Funk de Fino - Gypsy & Sublime
24. Astronotes, Pt. 1 - Sterac
25. DJ-Kicks - Stacey Pullen
| TECHNO3 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/577
トラックバック