CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Beat Pharmacy - Constant Pressure (Deep Space Media:DS50164) | main | 2006/04/21 CROSS MOUNTAIN NIGHT Feat. JAMES HOLDEN @ WOMB >>
Jerome Sydenham As "Casino J"- Electric Pussycat (Ibadan Records:IRC073-2)
Jerome Sydenham-Electric Pussycat
Amazonで詳しく見る

Jerome Sydenham自身の顔がアップになったジャケットも、そのCDのタイトルも本当にセンスないね…。セールス的に悪影響が出るのは間違いないと思うのですが、どうなのでしょう。ただJeromeの音楽はNYCの中でもかなりディープな黒光りするハウスで、Jerome主宰のIbadan RecordsはJoe Claussell主宰のSpiritual Life Musicと共にスピリチュアルハウスなるものを世に広めた重要なレーベルであります。生楽器を多用したアコースティック志向で、アフロやラテン色を前面に出したパーカッシブなトラックは、それまでのハウスとは一線を画すものでした。ただそんなJeromeにもここ数年は転機が訪れている様で、生音志向からかなりエレクトロニックでともすればテクノと言っても差し支えない位作風も変わってきています。実際、今作は今まで以上にテクノ色の強い電子音がメロディーを支配し、奥行きを感じさせる空間を見事に生み出しています。ここまで来るとスピリチュアルハウスはどうなったのと首を傾げたくなりますが、Jeromeのテクノへの傾倒はディープさとトライバルの両方を失わずに出来ているので流石の一言ですね。また要所要所にアフロな楽曲も挟んでいて、テクノ・ハウスの両方から支持を得られるでしょう。しかしこの人のミックスプレイと言うのは、いつでも艶があると言うか妖艶なエロスを感じますな。

試聴

Check "Jerome Sydenham"

Tracklistは続きで。
1. Steve Travolta - Space Kat EFX
2. Mathew Jonson - Love Letters From The Enemy
3. Claude Vonstroke - Deep Throat (Original Version)
4. Ferrer & Sydenham Inc.- Double Penetration
5. Âme - Rej
6. Fudge - Demoniac Lingus
7. Ferrer & Sydenham Inc.- Undertow
8. Julien Jabre - Swimming Places (Jerome Sydenham Remix)
9. 32 Project - Drumming
10. Dennis Ferrer - Son Of Raw
11. Carl Craig - Darkness (Max Mix)
12. DJ Koze - Brutalga Square
13. Martin Solveig - Jealousy (Dennis Ferrer Remix)
14. Bioground - Outstanding Emptiness
15. Henrik Schwarz - Leave My Head Alone Brain
16. Gaznevada - I C Love Affair (David Depino Edit)
| HOUSE2 | 23:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
も〜しょうがないですよね、このジャケット(笑)。
カジノJって・・・!プププ・・・。
それも正式にIBADANから出てるところがますます笑える。
でも内容はGOODです。
昔のJEROME(IBADANの2枚組みのとか)がまだまだ好きだけど、最近のJEROMEも好きです。
JEROMEはJEROMEなんだなって感じます。
マチュさんの言うように彼のMIXにはエロスが。
聴いててうっとり。
| yuki | 2006/04/22 10:01 AM |
>yukiさん
Ibadan Peopleでしたっけ?あれは生っぽいスピリチュアルなハウスで
温かみがあって気持ち良いですよね。
ハウスはラブ&ピースな面がテクノより強くて、
そうゆう所が大好きだな〜
| マチュ | 2006/04/25 12:51 AM |
>マチュさん
そうです。2枚組のです。<Ibadan People
あのアルバムは愛聴してます。本当にすばらしいです。
特に夜寝る前などに聴くと本当安らげますよ。

NYでTimmyの館Shelterに行った時、みんな好き勝手に踊ってるんですよ。
ラウンジで踊り用の靴に履き替えたり着替えたり。
殺伐としたところが全然なくってみんな楽しそうで。
これなんだ!と、開眼しました(笑)。
あと、Joeのスピリチュアルライフの中のブックレットのコメントやHMVのインタビューなど読むと勇気づけられます。

ジョーがよく言うんです。「自分らしく」って。
"Be Yourself."
ハウスは私の生きる力です。

長々と語っちゃってごめんなさい!
| yuki | 2006/04/27 2:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/583
トラックバック