CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Surgeon - Force + Form (Tresor:Tresor117CD) | main | 2006/04/28 Standard 4 @ WOMB >>
DJ Deep - Deep Session 01 (Distance:Di2382)
DJ Deep-Deep Session 01
Amazonで詳しく見る

最近テクノばかりレビューしてるからたまにはハウスもなんて思いつつ、なかなか紹介したいと思う新盤がございません。しょうがないので個人的に大好きな曲ばかりミックスされたMIXCDでも紹介します。フランスのハウスシーンと言えばフィルター系ハウスが注目を浴びていましたが、セレブなフランスにもディープハウスシーンは存在する訳で、その黎明期を支えてきたのがこのDJ Deepなんだとか。以前にもこの人がミックスした「Respect Is Burning Presents」(過去レビュー)や「City to City」(過去レビュー)を紹介したのですが、ディープハウス〜シカゴハウス〜デトロイトテクノまでをプレイするそのスタイルは自分のツボにはまっています。この「Deep Session」には見慣れぬアーティストの曲が並んでいますが、実はKerri ChandlerやRon Trentの変名、またはNeedsやArnold Jarvis、Masters At Work、Osunladeなどの大物の曲が収録され、かなり王道ど真ん中のディープハウスセットが繰り広げられています。最後から最後まで郷愁を誘うメロウな展開が分かり易くも、当たりの優しいスムースな流れがリラックス出来て本当に心地良いです。US本家よりもどっぷり重い展開でもなく、フランスのお洒落な感覚が注入されてコテコテ過ぎない重さも絶妙ですね。選曲が余りにも王道すぎるので身も蓋もないじゃないかと玄人に突っ込まれそうですが、それはそれ、これはこれ。良い曲揃いだしお洒落度もアップするし、普段ハウスを聴かない人にも絶対お勧め!

試聴

Check "DJ Deep"

Tracklistは続きで。
1. Rock With U (Yoruba Dub Mix) - Erro
2. I Can't Believe I Loved Her - Peven Everett
3. Odu Jazz - USG Presents African Blues
4. Ibooji (Fading Lights) - Needs
5. Brighter Days - Big Moses Feat. Kenny Bobian
6. Music Is My Friend - Arnold Jarvis
7. In His Power - Dino & Terry
8. Love To The World - KB2
9. Central Africa - Panic
10. Gigolo's Anthem - Gigolo Supreme
11. Feel It (DJ Deep Edit) - Fingerprintz
12. Nothing - Masters At Work
| HOUSE2 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/590
トラックバック