<< DJ Deep - Deep Session 01 (Distance:Di2382) | main | System 7 - Live Transmissions (A-Wave:AAWCDP010) >>
2006/04/28 Standard 4 @ WOMB
昨夜は世界のテクノゴッド・Ken Ishiiとテクノシーンの超新星・Joris Voornの豪華なイベントで、ちょー楽しみにしていたStandardに行ってきました。やっぱりJoris位の人気者が来ると結構混んでいて、でもまあそれ程不快感もなくイベントを満喫。ただ気になるのが、オイオイコールをするやつらは何なんだ?最近こうゆう人達本当に多いけど、イベントの趣旨に合わないし萎えるな。もう現在のクラブに昔の様な雰囲気を求めるのは、ただの時代錯誤なのでしょうか?
それはさておき1時過ぎから3時位までがJorisの担当。序盤はクリッキーなテクノで結構緩めの選曲が多かった記憶がございまして、なかなか盛り上がらなくてじらされちゃいましたね。ブレイクも多くて流れを何度も断ち切られたりして、その後のプレイに不安がよぎりましたが中盤以降は徐々にアッパーに持ってきてくれました。シャープなシンセを多用した爽快な曲を多く回したり、当然「Incident」も回してその瞬間は会場は大爆発!彼のMIXCDにも入っていた「French Kiss」やJeff Millsの「Alarms」も回したし、また自身の曲も4〜5曲位は使ってたんじゃないかな。スムースとバンギンを行き来するプレイはなかなかの腕前ですが、全体的にはやはり渋い印象がありました。最後は「Blackwater」でKen Ishiiにチェンジ。

でやはりベテランであるKen IshiiのプレイはJoris以上に凄かったです。最初に69の「My Machine」を持ってくる辺りは、自分の好みに合うんですよね。Jorisよりも最初からアッパーでアグレッシブに盛り上げて、そのテンションを保つんだからやっぱり腕があるんでしょうね。後半になるとかなりオプティミスティックなシンセが散りばめられた流麗なトラックを使ったりしてて、普段とは微妙に雰囲気が違う感じでそれはそれで格好良かったです。正直Jorisよりも個人的には盛り上がるし、毎回平均以上のばらつきのないプレイが出来るKen Ishiiはテクノゴッドの称号が相応しいですね。残念ながら次の日予定があったので、4時半頃には後ろ髪引かれつつ撤収。最後まで見たかったですね。

Joris Voorn関連の作品を如何に紹介。

・Fuse Presents Joris Voorn(過去レビュー)
Fuse Presents Joris Voorn
Amazonで詳しく見る



・Joris Voorn - Future History(過去レビュー)
Joris Voorn-Future History
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
| EVENT REPORT1 | 20:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
まあ、楽しいのでしょうから、どのように楽しんでもよくって、それがオンガクだしクラブだし・・・。

と、分かろうとするも、やはり冷めそうになりますね。オイオイホゥワホゥワは(汗。簡単にいって、至福のオンガクに対する雑音でしかないわけで。せめてもう少し音圧があってくれれば気にならなくて済んだのかなとも思いました。

ケンイシイよかったようですね。あの寿司詰め状態がさらに加速するんだろうなと予測したアタクシは早々に退散してしまいました。無念。
| garbage | 2006/04/29 11:38 PM |
あの混み具合はなかったですねー。
やっぱり全体的に黄金週間ノリな感じだったけど
ケンイシイはさすがでしたね。
単体テクノパーティはひさびさで楽しかったです。うん。
| taken | 2006/05/01 8:22 AM |
>garbageさん
WOMBは音圧が小さい、これは定説ですね。新宿リキッドが残っていればなと常々思います。
ケンイシイは個人的にも好きなので評価は甘めですが、盛り上げ方のツボを知り得ていますね。あとは昔みたいな曲をまた作ってくれたら最高なんですが。

>Takenさん
まあ今回のイベント位ならまだましなほうかなとは思いました。しかしWOMBはほんと混むなって毎回思います。場所柄のせいなのか、クラブミュージックに関係なく来てる人も多そうだし(それが悪いか良いかは別として)
| マチュ | 2006/05/01 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/591
トラックバック