<< Thomas Brinkmann - Rosa (Ernst:ERNSTCD01) | main | Rei Harakami - わすれもの (Sublime Records:IDCS-1020) >>
Rolando - From There To Here & Now (NRK Sound Division:NRKCD025X)
DJ Rolando-From There To Here & Now
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
Underground Resistanceの3代目DJとして、そしてGerald Mitchellと新たに立ち上げたユニット・Los Hermanosのメンバーとして活躍したDJ Rolando。しかしながらより広大で自由な活動を望むDJ Rolandoにとって、半ばコンセプト化されたURに居座り続けるには窮屈過ぎたのだろうか、人気を保ったままURを脱退。その後特にどんな活動をしているのかも耳に入らなくなって一年以上経ったのだが、遂に再始動なのか新たなるMIXCDをリリースする事になりました。しかも以前にも「Nite:Life 016」(過去レビュー)と言う名作MIXCDをリリースしたNRKから、今度は2枚組の大作でファン泣かせなリリースです。

Disc1はモロにハウス満開、軽く爽やかなアフロハウスから黒光りするディープハウス、キャッチーなアッパーハウス、温かみのあるソウルフルなハウスなど、どこをとっても4つ打ちハウスに囲まれています。以前生でDJ聴いた時は、ゴリゴリでミニマルなテクノ〜デトロイトテクノで鬼気迫る迫力のプレイだったけれど、このMIXCDでは幾分か肩の力が抜けてより自身のルーツに近いラテン的な面が出ている様な気がしますね。UR在籍時のハードで暗黒エレクトロをリリースしていた頃と同人物とは思えない程の変わり様ですが、このMIXCDの様なプレイをするのならばURとは一線を画すのも納得かな。デトロイト色が余りないから離れるファンも出てくるかもしれませんが、僕は素直に格好良いハウスだと思います。緩めの前半からキャッチーな中盤、疾走感溢れる後半(テクノ少々)まで手堅く盛り上げます。DJ Rolandoがまさか「Bar A Thym」をプレイするなんてって思ったけど、そんなプレイが彼のこれからの道を示唆しているんでしょう。

対してDisc2はダンサンブルながらもどちらかと言うと緩めの選曲で、夜にしみじみと聴くのに良いムードが出ています。Tread、David Alvarado、Vince Watsonらのテックハウス、Trackheadz、Indigenous Space People(Ron Trent)、Tokyo Black Star(DJ Alex From Tokyo)らのディープハウス、そしてデトロイト好きは見逃せない「Sueno Latino(Derrick May Illusion Mix)」を収録。ほぼフルレングスで収録してあるので、ミックスと言うよりはDJ Rolandoの自分用のリラクシングCDな意味合いが強そうです。たっぷり踊った後は体を休ませて、静かに時間を過ごそうって事なんでしょう。Disc1とは対照的に落ち着いて聴きたいですね。

さあ、後は新曲を待つのみ。DJ Rolandoの今後に期待が膨らむばかりです。

試聴

Check "DJ Rolando"

Tracklistは続きで。
CD1
1. Sound Stream - Soul Train
2. Trackheadz - My Love
3. Da Sunlounge - Baby How Long (Johnny Fiasco Edit)
4. Ame - Basic Track
5. Theo Parrish - Falling Up (Carl Craig Mix)
6. Nick Holder - No More Dating DJs (John Ciafone Dub Mix)
7. Next Evidence - The Light (Rolando Mix)
8. DJ Sneak - Bad Mutha
9. Quentin Harris - Let's Be Young
10. High Caliber - Tunnel Vision
11. Floorplan - Funky Souls (Club 246 Mix)
12. Hipp-e - Dazed 'n' Confused
13. Ritzi Lee - Je Suis Ici (Orlando Voorn Mix)
14. Trevor Rockliffe ft. Blake Baxter - Relax
15. Tommie Nevada - Stargirl
16. Kerri Chandler - Bar A Thym (Foremost Poets Vocal Remix)
17. Andreas Saag - Release The Groove
18. John Thomas - U Say Come On
19. Rolando - In-Transit

CD2
1. Malik Alston - Butterfly
2. Trackheadz - Amor Por Ti
3. Tokyo Black Star - Black Star
4. Quinn - No More Drama
5. David Alvarado - The Day
6. Trackheadz - Jah Shall Come
7. Tread - Opacity Omen
8. Indigenous Space People - Across The Universe
9. Sueno Latino - Sueno Latino (Derrick May Illusion Mix)
10. Vince Watson - Cycles
| HOUSE2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/603
トラックバック