<< 2006/09/02 Wire06 @ Yokohama Arena | main | Josh Wink - Profound Sounds V2 (Ovum Recordings:OVM9003) >>
Wink - 20 To 20 (Ovum Recordings:OVM 9004-2)
Wink-20 To 20
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
アメリカにおいてデトロイトではなく、フィラデルフィアからアシッドテクノで強烈なインパクトを残し大人気を博したJosh Wink。「ハッハッハッハッ〜」と不気味な笑い声が繰り返す「Don't Laugh」や、Lil Louisの名作「French Kiss」を強烈なアシッドハウスに作り替えた「How's Your Evening So Far?」は皆様ご存じですよね?そんな彼がアシッドハウスムーブメントに影響を受けて作った8曲を、EPとしながらもアルバムのボリュームでまとめてしまいました。アシッドハウスと言えばUKからはHardfloorがいる訳ですが、彼らに比べるとWinkはテクノ色が強いかなと思います。Hardfloorのキモはシャッフルするファンキーなリズムが特徴なのですが、Winkはリズムに関してはもっとストレートな4つ打ちが多いですね。またWinkのTB-303の使い方はウニョウニョビキビキ格好良いんだけど、とにかく不穏な雰囲気に満ちているんです。ダークサイドオブテクノと言ってもいい程の不のエネルギーが出て来て、テクノが苦手な人は更に苦手になる様な狂気のアシッドテクノですね。アルバムを作ると色々挑戦して散漫な事が多いWinkですが、こうやってアシッドテクノに的を絞ると高水準の曲ばかりが出来上がります。Hardfloorのハウスのファンキーなリズムに対し、Winkのミニマルで硬派なリズム。どちらも本当にTB-303を最大限に利用出来るアーティストなので、比較しながら聴いてみてはいかがでしょうか。

試聴

Check "Josh Wink"
| TECHNO3 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/606
トラックバック