CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Paolo Mojo - Balance 009 (EQ Recordings:EQGCD013) | main | Hanna Hais - Rosanova (Argus:GQCD-10035) >>
2006/06/02 BETTER DAYS -2ND ANNIVERSARY SPECIAL!- @ Module
5月は結局一度もクラブに行かなかったので、今日は一ヶ月間が空いてのクラブ通いになりました。お目当ては「マッドマイク病」に冒されたIan O'Brienの久しぶりのライブ+DJセットです。ライブに関しては3年前に行われた新宿リキッドルーム以来のライブで、その時のライブが良かったので本日も期待を膨らませて遊びに行きました。
00:30頃にModuleに到着して久しぶりのクラブの音楽にワクワク。やっぱクラブの中で聴くダンスミュージックは格別だな〜と、酒をぐびぐび飲みつつまったり踊ります。DJは誰だか分かりませんでしたが、メイン前なので時折アッパーに盛り上げつつもテクノやハウスを適度にプレイしていたと思います。(その後のIan O'Brienのライブが凄すぎて忘れちゃったよ…)

適度に体も温まった2:10頃にO'Brienのライブが開始されました。ってのっけから超アッパーで凄いテンションでしたねー。3年前のライブはフュージョン系のブロークンビーツもプレイしていたけれど、今回はストレートな4つ打ち系のハイテックファンク、もしくはコズミックテクノとでも言うべき世界観でした。太いリズム帯で上下に揺さぶられるグルーヴ、そしてキラキラと輝く星が流れ落ちる様に美しいシンセが差し込まれて、体を振り乱して踊らずにはいられませんでした。特にライブの時はノンストップでプレイしてテンションを全く落とさずにアッパーにガンガン盛り上げて、僕も休まずにず〜っと踊っちゃいましたよ。新曲らしき曲を聴く限りだと、初期のテクノ調が前面に出ていて次作はやはりテクノでくるのかなと感じました。DJの方は予想した通りデトロイト系の曲を満載。ファンサービスなのかO'Brien自身がデトロイト系が好きなのか謎ですが、こういったベタな選曲でもやっぱ盛り上がるよね〜と個人的には嬉しかったです。ライブ、DJ合わせて2時間のプレイでもうお腹一杯、大変満足でありました。
1.Intro
2.Fabrice Lig - My 4 Stars (Ian O'Brien Remix)
3.新曲(?)
4.Offshore Funk - Mega Bit Me (Ian O'Brien Remix)
5.新曲(?)
6.新曲(?)
7.Jazzanova - Days To Come (Ian O' Brien Remix)(Intro)
8.Querida - 3-5-3

以下記憶曖昧に付き順不同
Ian O'Brien - Monkey Jazz(?)
Super-A-Loof - Night On The Promenade
Querida - Jupiter 6

上記ら辺までPCによるライブ、以下はDJで覚えてる限りの選曲。
Querida - Yes!
Jazzanova - Days To Come (Ian O' Brien Remix)
Red Planet - Tobacco Ties
Rhythim Is Rhythim - The Beginning
Quadrant - Infinition
Underground Resistance - Timeline

その後は多分TAKAMORI K.さんのプレイ。流れを引き継いでハードで鋭い切れ味を持った曲が中心。薄くシンセが乗る曲は僕の好みであり、更にハードなので爽快感がありました。

ついでにラウンジにO'Brienが居たのでちょこっと話をしてみました。僕の関心は新作がどうなっているかと言う事だったので、ニューアルバムについて聞いてみると…。「今、制作中ですよ。遅くなっちゃってごめんね」と言っておりました。そうですね、前にアルバムが出たのはもう5年前。いやーO'Brienさん、ほんと大好きなんで次のアルバムも期待して待ちますよ。
| EVENT REPORT1 | 07:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
変なタイミングのコメントですみません。
Ian O'brien僕も大好きで一応彼のリリースはほぼ一通り持っております。そして新宿リキッドの時も行きましたが今回は残念ながら予定が合いませんでした。

やはり4つ打ちが中心だったんですね。個人的には2ndアルバムのような壮大なフュージョンスタイルが一番好きだったりするんですが、何にせよ早くまたアルバムが聴きたいものですね。
| taken | 2006/06/10 4:38 AM |
>takenさん
おお、新宿リキッドにもいらしてたんですね。
フュージョンも良いとは思いますが、やっぱクラブだと4つ打ちが映えるのでしょう。
今回はストレートで分かり易い展開だったと思います。

最近はイアンさんは日本に住んでいる(しかもかなり都心です)ので、DJに関しては頻度にやるんじゃないでしょうか。
彼のDJも好きなんでまた行きたいと思います
| マチュ | 2006/06/10 7:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/629
トラックバック