CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Hanna Hais - Rosanova (Argus:GQCD-10035) | main | Herbert - Around The House (Studio !K7:!K7105CD) >>
Herbert - Scale (Studio !K7:!K7202CD)
Herbert-Scale
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年Doctor Rockit、Matthew Herbert Big Band、Matthew Herbert、Roisin Murphyなどの名義で活動してきたHerbertが、5年ぶりに大傑作「Bodily Functions」(過去レビュー)以来のHerbert名義でのアルバムを創り上げました。今作も今までと同様にPCCOM理論に沿って、ドラムプリセット、既存音楽からのサンプリングを廃し、自然音からのサンプリングのみで音楽を創ると言う制約の下にアルバムを制作したそうです(毎度の事だけどよくよく考えると凄い!)。さてさて期待のアルバムを聴いてみると…、どポップだね。もちろん大衆的なただのポップでは無いけれど、今作は底抜けに明るいな。Herbertの奥様のDani Sicilianoが大半の曲でボーカル参加してるせいなのか、華やかで陽気な空気に溢れています。またホーンやストリングスも大幅に取り入れられて、スウィングジャズの様な軽快さも見受けられます。ハッ…それってMatthew Herbert Big Bandと一緒じゃん。実験性と遊び心、そして実用性を見事に調和させるHerbertの手腕はまことに素晴らしいのですが、今作もやはり何か物足りない。きっとそれは電子音楽と言う面が少なくなってきているからなのだろう。まだミニマルハウスを創っていた頃のHerbertにはクラブ向けの楽曲が多かったし、そこにジャズやハウスを完璧に取り込んだ「Bodily Functions」はクラブ・ホームの両方で聴くに耐えうる素晴らしい作品でした。でもこの作品にはハウス心が足りない、単純にそれなんです。随所にチャカポコとしたサンプリングが散りばめられて格好良いんだけど、ハウスのビートと電子音がもっと聴きたいのです。これは完全に自分の好みの問題になってしまうけれど、やっぱりクラブミュージック向けのHerbertが好きなんですよね。良い作品ではあるけれど、「Bodily Functions」以降Herbertに対して欲求不満気味です。



Check "Matthew Herbert"
| ETC1 | 20:00 | comments(8) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
レビュー待ってました!
マチュさんのおっしゃるとおりです。
確かにあいかわらずすばらしいんです。
ジャケットもセンスがいい。
なんというか普通に聴きやすいんです。
そこが物足りないというか?!
でもBodily Functionsとくらべてしまうと。
Bodily Functionsのほうが深みがあります。くせがあるというか。
すごく期待してただけあって欲求不満になっちゃいますね(笑)。
うむうむ〜。
| yuki | 2006/06/06 8:57 PM |
いやあ、まったく同感です!
> でもこの作品にはハウス心が足りない
僕もこのアルバムの感想はこの一言に集約されてます。
ひさびさのHerbert名義で期待も大きかっただけに余計欲求不満ですよね。
すご〜くよく解ります。
| びびんば | 2006/06/06 9:19 PM |
マチュさんや上お2人の意見に同意見です。

ポップで実に聴きやすいんですが、引っかかりというかちょっとした刺激が欲しいというか(yukiさんと同じこと書いちゃってますね)。

ハーバートの「かっこいい音」聴きたいですね。
| ムーン | 2006/06/07 1:23 AM |
>yukiさん
そうですね、なんか一般向け過ぎるのかも。
それはそれで良いんだけど、何か物足りない。
何かひっかかりが欲しいです

>びびんばさん
Around The Houseを聴き直したら、やっぱりハウスビートで
自分にはこれがしっくりきます。
ハーバートにはハウスをやって欲しいんです!

>ムーンさん
2001年前後は別名義、リミックス含め全て神懸かっていた様な気がします。
ビッグバンド以降でしょうか、何か不穏な空気を感じたのは。
ハーバートの「かっこいい音」、また聴かせて頂きたいですね。
| マチュ | 2006/06/07 11:17 PM |
これ聴きたかったです〜。ちょっと物足りなさのある音のようですが、高水準であることに変わりは
なさそうですねぇ。「入門盤」としては良いということでしょうかね??

それと、右のMy Blog Listに自分のブログが入っていてビックリしました。正直どういったものかは
良くわからないんですが、とりあえず登録ありがとうございます(笑)こちらもリンクしてよろしいでしょうか?
| Fafnir | 2006/06/08 12:31 AM |
>Fafnirさん
う〜ん、Herbertを最初に聴くならやっぱりBodily Functionsの方が良いですかね。
このアルバムも悪くはないんだけどー…やっぱちょっと違うんです。

My Blog Listは僕はドリコムを使っているんですけど、
これだと更新した時に分かる様になっていて便利ですよ。
リンクだとブログの更新時期が分からないけれど、これなら一発です。
誰でもドリコム(他にもありますが)は使えるので、試されてはどうでしょう?
http://rss.drecom.jp/
| マチュ | 2006/06/08 9:57 PM |
TBありがとうございます。
『Bodily Functions』は良い作品ですよね。
今作は予想以上にPOPになっちゃっていましたが、
ビッグ・バンドよりは聴けそうです。
個人的にはDoctor Rockitのようなのも好きです。
| nins | 2006/06/11 12:12 AM |
>ninsさん
Doctor Rockitは遊び心に溢れていて僕も好きですね。
今作は本当にポップですよね。まだ消化不良な点も
ありますが、ライブを聴いて真価を問いたいと思います。
| マチュ | 2006/06/11 9:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック