<< Ricardo Villalobos - The Au Harem D'Archimede (Perlon:PERL43CD) | main | Yagya - Will I Dream During The Process? (Sending Orbs:SO005) >>
Two Lone Swordsmen - Stay Down (Warp Records:WARPCD58)
Two Lone Swordsmen-Stay Down
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤) Amazonで詳しく見る(US盤)
ロック、パンクとアシッドハウスムーブメントを結びつけた重要人物・Andrew Weatherall。Primal Screamとの絡みで有名になった彼は、その後トリップホップのブームに乗りSabres Of Paradiseを結成、メランコリックで妖艶なトリップホップ作品を作る事になる。が終焉は突然やってくるものでアルバムを2枚リリース後、ユニットは解散となる。しかしWeatherallの感性はますます研ぎ澄まされ、Drexciyaに負けじ劣らずのダークなエレクトロ、ダブ方面に移行したTwo Lone SwordsmenをKeith Tenniswoodと共に結成。当初の活動の中では、テクノともエレクトロとも判断しがたいエレクトロニックミュージックを試行錯誤で作っていた感があるが、この2NDアルバムにおいて自らのスタンスを完全に確立させた模様。永遠に光を浴びる事の無いダークなベースライン、決して浮かび上がる事のないダウナーなパーカッション、これらは一聴して希望も幸福も存在していないかに思われる。しかしよく聴いて欲しい、聞こえてこないか?心の奥底に沸いてくるディープなソウルが!アシッドハウスムーブメントの享楽の後に残ったのは、人の琴線を震わせるソウルだったのだ。だからダークなエレクトロであろうとも決して凶暴性に満ちた音楽なのでは無く、哀愁漂わせる深淵な旋律が闇の中に灯を灯すのだった。ここではテクノもエレクトロもダブも見事に調和を見せて、ここからWeatherallの第2章が始まると言っても過言では無い。パンクスだからこそ為し得た鋭利な音像と、ディープなソウルがここにある。

試聴

Check "Two Lone Swordsmen"
| TECHNO3 | 21:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
Two Lone Swordsmen、試聴したことがあっただけでちゃんと聴いたことが無かったのですが、レビュー
を読んで一気に欲しくなりました。音的に絶対ツボです・・・。この人ってスクリーマデリカの
プロデューサーですよね?

それと敢えてマチュさんにお聞きします。自分はTelefon Tel Avivのような「ビートは緻密でも耳に
残る感触は叙情的」なユニットが好きなのですが何かおすすめはありますか?知識が乏しくてすいません・・・。
| Fafnir | 2006/06/11 10:39 PM |
>Fafnirさん
ウェザーオールはマデリカを手掛けた人ですね、DJとしても素晴らしい人であります。

Telefon Tel Avivは少ししか聴いた事ないのですが、結構生っぽい感じですよね?
Christ.の「Metamorphic Reproduction Miracle 」とか、Chris Clarkの「Clarence Park」とかなら結構近いかも?
http://www.bleep.com/?bleep=BEN018
http://www.bleep.com/?bleep=WARP86
| マチュ | 2006/06/13 10:05 PM |
ありがとうございます、参考にさせて頂きます。早速試聴してみましたが・・・
両方ともツボでした(笑)すごいですね〜これだけでツボにはまる音源を用意できる
とは。さすがです。

こういう感じの生音のアナログっぽい幽玄な感じ(?)にデジタル技術を駆使した
ビートを乗せたやつが好きみたいです。Telefon Tel Avivはこのブログに出入り
されているような方にとっては少々イージーリスニング過ぎるんでしょうね・・・。

また、何かあったらお聞きしますのでよろしくお願いします!
| Fafnir | 2006/06/13 11:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/634
トラックバック