CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Plastikman - Sheet One (NovaMute:NoMu22CD) | main | 2006/06/16 min2MAX @ Womb >>
Fuse - Dimension Intrusion (Warp Records:WARPCD12)
Fuse-Dimension Intrusion
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
さてRichie Hawtinの名義でPlastikmanと並んで有名なのが、最初期の活動の場であったFUSE名義ですね。この名義ではアルバムは一枚しかリリースしていないのですが、なんとWarp Recordsにライセンスされ更にはAI(Artificial Intelligence)シリーズに並べられちゃっています。Warp Recordsも認めるその内容は、アシッドを多用したエクスペリメンタルなアルバムでありました。Richieの名言として「機材を手に入れたら、表から裏まで舐め回すように研究する」と言うのがありますが、ここではTB-303やTR-909をフル活用。最近ではTB-303を使用しなくてもアシッドを生み出せる能力を持っているRichieですが、まだ初々しいこの頃はしっかりとTB-303のウニョウニョなベースラインが健在です。TB-303のトリッピーな音色もさる事ながら、ドラムやハットの跳ねる様な組み方が素晴らしくファンキーですね。Richie曰く、アシッドはTB-303の音色では無くどんなマシンでもリズムのみでアシッドは作れると言う事らしく、確かにこの作品でもTB-303は入ってなかったとしてもアシッドに成りうる音を感じさせます。Richieにしてはハードでファンキーな作風が多く素直に楽しめつつ、後半にはやはりドロドロでディープな曲もお目にかかれます。近年ではドロドロの闇を感じさせる閉塞感に溢れた作品ばかりだけど、初期の覚醒的でアッパーな作品も単純に盛り上がりますよね。ちなみにトリノオリンピックではこのアルバムから、「Substance Abuse」が開会式で流されてました。全世界にアシッドテクノを知らしめた瞬間でもあるけれど、一般人にはなんのこっちゃって感じだろう。

試聴

Check "Richie Hawtin"
| TECHNO3 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
昨日のRichieはいかがでした?
| | 2006/06/17 11:11 PM |
どなたか分かりませぬが、この後更新しますのでお待ち下さい。
| マチュ | 2006/06/17 11:36 PM |
ジャケットは弟の絵だそうですね。
昔来日した際は、兄弟揃って来日してました。

お父さんもスタッフやっていたりして、面白いですね。
| katt.jp | 2006/06/18 12:42 AM |
>katt.jpさん
兄弟揃って来日って随分マニアックな話をご存じですねw
| マチュ | 2006/06/18 7:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
フューズ 『DIMENSION INTRUSION』
FUSE 『DIMENSION INTRUSION』 トリノオリンピックの開会式の音楽を担当したことで、お茶の間にもその名が知れ渡っ・・・てはいませんね、ハイ。その人リッチー・ホウティン(Richie Hawtin)の最初期の名義のひとつ、F.U.
| ACTIV-A 音楽による脳活性化計画など | 2006/06/18 12:17 AM |
【Dimension Intrusion】 / Fuse
【Dimension Intrusion】 / Fuse Label : Warp Records Released : 1993,06,07 Artist Site : http://www.richiehawtin.com/           http://www.plastikman.com/thank-you.html Listen : ■
| ‥microbeat homepage‥ | 2006/10/20 11:30 PM |