CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Soul Heaven Presents Kerri Chandler & Dennis Ferrer (Soul Heaven Records:SOULH04CD) | main | Francois K. - Frequencies (WaveTec:WT50165-2) >>
2006/06/24 Fête de la Musique @ 東京日仏学院
土曜日は久しぶりに野外イベントに行ってきましたよー、雨との予報ながらも晴れたので気分もウキウキ。野外イベントと言ってもダンスミュージックオンリーのイベントではなく、東京日仏学院で行われた音楽祭なのです。ただフランス関係の学校と言う事もあり、トリを飾ったのはフランスのアーティストであるI:Cube。みんなもご存じChateau Flightの片割れですよー。しかもそれがただで見れちゃう挙げ句、この時にプレイする曲目はプラネタリウムの為に作った音楽なのです。
僕が現地に着いたのは7時過ぎ頃だったけど、その頃には程よい暗さになっていてプラネタリウムの雰囲気にうってつけ。都会のど真ん中でありながら木の茂るベランダは、自由と開放感に溢れた心地良いオアシスでした。7時半頃からI:CubeがPCをいじくり始めると、静かにエレクトロニックな音が辺りを包み始めました。日が沈み世の中が休み始めると同時に、宇宙の星は騒ぎ初め徐々に活発に光り輝く。まるでそんな星の様に電子音がキラキラと輝きだし、暗い闇夜を照らすかの様に綺麗な音が響き渡ります。余りに開放的な雰囲気のせいか地面に寝ながら聴いている人もちらほら見受けられ、こうゆうイベントの良さを再度実感。音楽はノンビートでスペーシーに飛ばしてくるかと思いきや、意外にも軽めにビートを入れてふわふわと漂う展開でした。研ぎ澄まされた電子音は空間を漂い、心地良い雰囲気に流されつつうとうととしてしまいました。そんなこんなで一時間の小宇宙旅行は静かに幕を閉じて、気持ち良い気分で帰途に着く事が出来ました。

■I:Cube - Live At The Planetarium(過去レビュー)
I:Cube-Live At The Planetarium
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
| EVENT REPORT1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/648
トラックバック