CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Global Communication - 76:14 (Discotheque:DQFDD014) | main | Uusitalo - Tulenkantaja (Huume:HUUME-007) >>
Global Communication - Remotion (Dedicated:DEDCD021)
Global Communication-Remotion
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
Global Communicationの個人的最高傑作だと思うのが、彼らのリミックスワークを集めたこの「Remotion」。まずとにかくかなりレアで、アマゾンなんかでも一万円近くで取引されてます(高過ぎだよね…)。そんな高い金出してまで聴けとは言いませんが、それでも内容は抜群に素晴らしく極上のアンビエントミュージックが収録されています。このリミックスワークでは、「76:14」のアナログ的な音と質感が異なり、金属的でシャープな音質が特徴だと思います。音の一つ一つが鮮明で美しいメロディーが際立ち、ナイーブで幻想的な世界が見事に出来上がっています。中でもChapterhouseのリミックスは、神々しいまでの深淵な感情が沸き上がり、ある一種の宗教音楽みたいです。かすれそうなボーカルが入る「Epsilon Phase」は、うっとりトロトロしてしまいますね。彼らの懐の深さを伺えるのは、Warp 69のリミックス。アンビエント風味ながらもジャジーなリズムを取り入れて、爽やかで郷愁を誘うチルアウトになっていますね。実際彼らのソロ名義ではボサノヴァなんかもやったりしている位なので、何も違和感なんかございません。一曲10分程度の幽玄なアンビエントが七曲、たっぷり夢の世界にはまって下さい。

Remotionをダウンロード

Check "Global Communication"

Tracklistは続きで。
1 Jon Anderson / Amor Real (Global Communication Remix)
2 Chapterhouse retranslated by Global Communication / Delta Phase
3 Warp 69 / Natural High (Global Communications Remix)
4 Reload / Le Soleil Et La Mer
5 The Grid / Rollercoaster (The Global Communication Yellow Submarine Re-Take)
6 Chapterhouse retranslated by Global Communication / Epsilon Phase
7 Nav Katze / Wild Horse (Global Mix Communication)
| TECHNO3 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
たまに遊びに来ては情報収集させて頂いてますm(_ _)mアンビエント・サウンドを吸収中の私ですが、この手のジャンルで今イキのいい若手と言えばどんな人達がいるんでしょうか?是非教えて下さい。よろしくです(^-^)
| 甚助 | 2006/07/01 1:18 AM |
こっそり頂きました(笑)
こんなアルバムあったんですねー。
『76:14』はSublimeから出たニホン盤を持ってましたけど。
いやートロトロで気持ちいいですわ。
最近こういうアンビエントって少ないですよね。
知らないだけかな?
| びびんば | 2006/07/01 7:37 PM |
>甚助さん
うーん、最近アンビエントって余り目立った作品はない気が…。90年代の重鎮が今でも座を明け渡さず君臨してる様な感じがします。
若手と言うべきか難しいですが、Kompaktの「Pop Ambient」シリーズを聴けば間違いないかと。
http://matyu.jugem.jp/?search=Pop+Ambient

>びびんばさん
僕もびびんばさんと同じ思い。最近はこうゆうアンビエントって余り聞かないですね。リリースされてても、僕が気付かないだけなのでしょうか?
| マチュ | 2006/07/01 9:43 PM |
有り難うございます^^そうかkompaktなんスねやっぱ^^若手が出て来ないとゆー事はアンビエントとゆーもの自体が新しい音楽の肥やしへと移行してるんでしょうか?まっいっか^^気持ちよいものは聴くのみです^^/
| 甚助 | 2006/07/03 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/650
トラックバック
Global Communication: Remotion
RemotionGlobal CommunicationAmazonで詳しく見...
| tanaBLOG | 2006/09/01 9:55 PM |