<< Karafuto Presents Individual Orchestra (Ki/oon Records:KSC3912) | main | Anthony Nicholson - Dance Anthology (Peacefrog Records:PF089CD) >>
Vince Watson / Yohei Ishijima - Live At Irizo (Fenomeno Inc.:XQAU-1001〜2)
Vince Watson Yohei Ishijima-Live At Irizo
Amazonで詳しく見る

ベテランから新進気鋭のアーティストまで、知名度に関係なく素晴らしいアーティストをフューチャーし、WOMBで隔月行われるテクノイベント・IRIZO。2006年3月10日にはUK出身、デトロイトテクノに影響を受けるVince Watsonがライブ出演しました。なんとその時のライブをそのまんまCD化し、更にはIRIZOレジデントのYohei Ishijimaのその時のDJプレイも収録しています。

ではまずVinceサイドなのですが、やはりCD化すると音が鮮明と言うかクラブだと分からなかった音がしっかり聴けるのが良いですね。クラブだとズンドコ節が強調されて透き通る美しいメロディーが分かりづらかったのですが、CDではハードなリズムと美しいメロディーが類い希なる融合を果たしています。イベントの時には「金太郎飴の様に同じ音」と思ったのですが、CDで聴いても確かに終始同じ展開で同じ音なんだけれど、曲その物が素晴らしいから最初から最後まで一気に聴けてしまいますね。ライブをCD化すると音圧が感じられなかったりする事も多いけれど、しっかり分厚い音が表現されているのも好印象。怒濤のテンションで一気に突き抜けるプレイは、まじでカッチョイイです!

そしてYohei Ishijimaサイドは、実際にイベントでは殆ど聴く事が出来なかったのですが、こちらは対照的にストイックなプレイで好印象。音はテクノでありながらハウスグルーヴの4つ打ちで、じわりじわりと練り上げていく構成力のある方ですね。比較的音数少なめのトラックを使用していて、ゆるゆると聴かせつつもいつの間にかダークな世界観に引き込まれていく感じです。毒気のあるヤバメの音が多くて、今度はイベントでしっかり聴いてみたくなりました。

激しいライブと聞かせるDJプレイ、対照的なCDが2枚セットで2500円。内容も素晴らしく、大変お得ですよ。

試聴

Check "Vince Watson" & "Yohei Ishijima"

Tracklistは続きで。
Disc 1 (Vince Watson)
01, Intro
02, Echoes From The Future
03, Intuition
04, Sublimina
05, Bubbles (2006 Version)
06, Ioa
07, Mystical Ryhthm
08, Deeper
09, Eternal
10, Pure Innersense
11, Meaning Of Life
12, Influenced 2.2 ****

Disc 2 (Yohei Ishijima)
01, Elevation(Version)Vainqueur
02, Theogenese / Ricardo Villalobos
03, Cwikko / Jeff Samuel
04, We Still Have / Herbert
05, Moved (Ricardo Villalobos Remix) / Heiko Laux
06, Pure Innersense / Vince Watson
07, Spectrum / Mateo Murphy
08, Big City / Lazy Fat People
09, Oh Year / Pig & Dan
10, Sooper Track / Extrawelt
11, Micro Kitchen / Pig & Dan
12, Handlebar / Numbdigit
13, S.T.A.R.R.Z / Booka Shade
14, Dica Drive / Petter
15, Battlestar / Robert Babicz
16, Moon Roller / Francisco
17, Antrieb / Meta. 83
18, Body Language / Booka Shade
19, Mandarine Girl / Booka Shade
20, Body Language / Booka Shade
21, REJ / Âme
22, How Long Can You Go / Butane
23, Going Round / Herbert
24, Night Fall / Booka Shade
25, Q1.2 / Quadrant
| TECHNO3 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
ホントこの2枚素晴らしいです!!
Yohei Ishijimaサイドは正直期待していなかっただけに、本当に2500円でいいのって感じてます。
それにしても、テクノのCDっていつも思うけどお得ですよね。
| Hide | 2006/07/24 1:01 PM |
>Hideさん
Yohei Ishijima氏に関しては、IRIZOレジデント以外には何も知らなかったんですけど、こうゆうプレイなのか〜と意外でした。
Vinceはまあ予想通りと言うか、実際に録音されたライブで聴いてた事もあるので驚きはないです。
が、やはり内容は素晴らしすぎ。
| マチュ | 2006/07/24 10:50 PM |
実は3月のマチュさんのイヴェント・レポ読んでVince Watsonに興味を
持てたんですよね。
なのでこのライヴ盤が出るのを知ったときは飛び上がりましたよ。
マチュさんの書いてた通り、ズンドコしててカッコイイです。
金太郎飴系ズンドコ節テクノは基本的に大好きなので(笑)
| びびんば | 2006/08/06 1:38 AM |
>びびんばさん
紹介した甲斐がありました。
確かに白人のデトロイト風は本物とは違うけれど、違った良さがあるのだと思います。
とにかくビートはがしがしに硬くて盛り上がりますね
| マチュ | 2006/08/07 9:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/667
トラックバック
【Live At Irizo】 / Vince Watson/Yohei Ishijima
【Live At Irizo】 / Vince Watson/Yohei Ishijima Label : Fenomeno Inc. Released : 2006,07,12 Artist Site [Vince Watson] : http://www.vincewatson.co.uk/ Artist Site [Yohei Ishijima] : http://www.yo
| ‥microbeat homepage‥ | 2006/07/24 1:02 PM |
Vince Watson/Yohei Ishijima - Live At Irizo (Fenomeno Inc./2006)
チャリで近所の河川敷まで花火を見に行って来ました。遠くてちっちゃくしか見えなかったんですけど、今年こそ至近距離で大きな花火を見に行きたいなあ。 それにしてもドリコムRSSどうなってんの? 金曜の夜から落ちっ放しら
| acid over the rainbow | 2006/08/06 1:33 AM |