<< Moodymann - Moodymann Collection (Mahogani Music:Mahogani M-18CD) | main | Rhythm & Sound - See Mi Yah Remixes (Burial Mix:BMXD-1) >>
Transit Kings - Living in a Giant Candle Winking at God (Victor Entertainment:VICP-63534)
Transit Kings-Living in a Giant Candle Winking at God
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
さー遂にやってきましたよ、コイツラが。The OrbのAlex Paterson+元KLFのJimmy Cauty+Pink Froydのセッションメンバー・Guy Pratt+エンジニア・Dom Beken=Transit Kings!!テクノ好きの人ならばご存じ、90年代においてアンビエントテクノをナショナルチャート1位に送り込む偉業を成し遂げたアンビエントの伝道師・Alex Paterson。そして様々な無断サンプリングを使用し、著作権解放前線として奇行を繰り返したJimmy Cauty。KLFの傑作アンビエントアルバム「Chill Out」(過去レビュー)ではAlex Patersonも手を貸していたとか、またThe OrbにおいてJimmy Cautyと共作したりだとか、昔から何かと縁のある二人が遂に再開を果たしました。

さてその最新の音はどうかと言うと、アンビエントハウスを全く含まない今更的なレトロテクノになっていました。リズムはブレイクビーツやドラムンベースがメインで、そこに派手なシンセ音やらサンプリングやらを取り入れ、90年代に戻ったかの様な錯覚を覚える音。Guy Prattらの影響かギターやドラムなどがふんだんに使われ、生楽器による生き生きとしたプレイも目立ちます。去年のThe Orbが出したアルバムみたいにシリアスで生真面目な点は無く、むしろThe Orbの初期のパロディーな作風が蘇った様にも感じられます。下世話で享楽的、メジャーにかなり足を突っ込んだレトロテクノなので、果たしてこれは今の時代に通用するのでしょうか?90年代のOrbitalやNew Orderらに共通する懐古さがプンプン。斬新な音を求めるのであれば受け入る事は出来ないでしょうが、馬鹿さ加減を求めるのであれば通用するのでは。

ちなみにアルバム制作完了直後に、Jimmy Cautyは早速脱退。相変わらずの奇行を繰り返してますね。

試聴

Check "Alex Paterson" & "Jimmy Cauty"
| TECHNO3 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
ジミー・コーティはわりとちゃんと活動しているみたいなんですが、相方のドン・ドラモンドって今何をしているんでしょうか。
THE KLFって、アイデア担当はドラモンドだったと思うので、彼の行方が非常に気になります。
| mats3003 | 2006/07/27 12:55 PM |
>mats3003さん
数年前にビルとジミーでK2なんて言うKLFそのまんまのユニットを一時的にやってたけど、それ以降は何してんでしょうね。またきっといつか、突発的に何かやるんでしょうけど
| マチュ | 2006/07/28 12:23 AM |
このCDをiTunesに入れると、最後の2曲のタイトルが入れ替わっちゃいますね..。
| Bnf a.k.a. yoskin | 2006/07/30 9:22 AM |
>Bnf a.k.a. yoskinさん
ほー、誰かが間違えて登録したんですかね…。
つかiTunesとか使った事ないけど、今はみんなPCで
音楽聴く時代なんですね。
僕はセコセコCDを入れ替える毎日です。
| マチュ | 2006/07/30 9:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/676
トラックバック